読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

お金持ちになった人が貧乏な頃からやっていること

お金持ちになった人が貧乏な頃からやっていること

お金持ちになった人が貧乏な頃からやっていること

作家
田口智隆
出版社
フォレスト出版
発売日
2015-10-08
ISBN
9784894516861
amazonで購入する Kindle版を購入する

お金持ちになった人が貧乏な頃からやっていること / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しゅーまる

☆お金持ちになった人がやっていた「たったひとつ」の習慣…即行動すること◎お金の自由が「仕事」と「時間」の自由まで引き寄せる◎お金の理想的な使い方のバランス…消費70%、投資20%、浪費10%→まずは収入の5%を自己投資にあて、徐々に増やして20%に近づけていく◎情報発信は「学び」を「お金」に変えていく上で不可欠なステップ→学んだことを発信することで知識がさらに高まり、学びを自分のものにできるという一石二鳥のメリットがある◎稼ぐ人が朝型である本当の理由→朝型生活最大のメリットは、「外部から遮断されること」

2016/04/30

BEAN STARK

お金持ちになる人は即行動する。つまり貧乏な人は即行動すればお金持ちになる可能性があるということだ。貧乏でも収入の5%を自己投資していれば、いずれ自分に返ってくる。

2016/02/03

ひとしろっく

経済的な話はもちろん、何かを学んでいる人に参考になりそう。収入の5%を学びに充て、得たことは完璧ではなくとも直ぐに実行していく。そして、失敗から更に学ぶ。5%の捻出方法から勉強方法、学んだことの生かし方等。色々な角度から書かれていて参考になった。

2016/02/07

たいのじ

立ち読みではあったが読みやすくて記憶に残る本。自己投資はローリスクハイリターン。本を読んでも行動しなければそれは無駄以外なにものでもない。即行動せよ、そして、何度も何度も無意識でもできるくらい反復せよ。そして人に教えること。そうすることでよく学ぶようになる。まずは即行動だということを再認識させられた本。

2016/01/09

Hiroyuki Asaji

お金持ちになるために、これまでの自分の生活や貧乏に陥りやすくなる習慣からの脱却する方法が広く書いてあります。学びをいかにお金に変えていくのかについて、自己投資の重要性と、その学んだ事を積極的にアウトプットする方法が書かれていて、行動する気力が湧きます。コンパクトですが、様々な考え方や習慣の見直しに活用できそうです。何度も読み直したいと思います。

2016/02/23

感想・レビューをもっと見る