読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

三島由紀夫最後の言葉 (〈知〉のフロントラインへ-「図書新聞」セクション 1)

三島由紀夫最後の言葉 (〈知〉のフロントラインへ-「図書新聞」セクション 1)

三島由紀夫最後の言葉 (〈知〉のフロントラインへ-「図書新聞」セクション 1)

作家
三島由紀夫
古林 尚
高原英理
樺山三英
井上 隆史
柳瀬 善治
鳥居 万由実
松原俊太郎
「図書新聞」編集部
出版社
武久出版ぶQ出版センター
発売日
2022-06-13
ISBN
9784894541429
amazonで購入する

ジャンル

三島由紀夫最後の言葉 (〈知〉のフロントラインへ-「図書新聞」セクション 1) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Go Extreme

最後の言葉 いまにわかります―死の一週間前に最後の言葉 もう、この気持は抑えようがない 三島由紀夫と「図書新聞」―談話・劇評・エッセイ・書評: 若きエロスの告白―相剋する“素顔”と“仮面” “禁色”は廿代の総決算―外國旅行で感受性を使いへらして來たい 芝居の恐怖―文学座公演『夜の向日葵』を見て 読者へのてがみ 作品を忘れないで―人生の教師ではない私 成功せる告白小説―中村真一郎著『夜半楽』 アメリカ的デカダンス―カポーテ著『遠い声 遠い部屋』 現代の“和魂漢才”―山本健吉著『古典と現代文学』

2022/07/17

感想・レビューをもっと見る