読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

編む人―ちいさな本から生まれたもの

編む人―ちいさな本から生まれたもの

編む人―ちいさな本から生まれたもの

作家
南陀楼綾繁
出版社
ビレッジプレス
発売日
2017-11-01
ISBN
9784894922181
amazonで購入する

編む人―ちいさな本から生まれたもの / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

kokada_jnet

ミニメディア編集者の方たちへのインタビュー集。自分的には『谷根千』の山崎範子さん分がよかった。

2019/01/31

チェアー

さまざまな立場で本や雑誌を作り続ける人。訴えたいこと、自分の好きなことを、紙の物体を通じて世に問うひとびと。この本に採り上げられている人達は、「大変だよ」「苦しいよ」と言いながら、とても楽しそうだ。これからミニプレスなどを手に取るときは、その向こうに、楽しそうに「しんどいよ」と笑う人の顔を思い浮かべると思う。

2018/01/26

さすらいのアリクイ

編集者、南陀楼さんが雑誌を作っていた方たち、雑誌を作っている方たちへのインタビューが載っている本。新宿プレイマップ、プレイガイドジャーナルなどかつて雑誌を作っていた方、新潟の雑誌ライフマグなど今雑誌を作っている方にも雑誌を作るときに何をしている(していた)のかとか、雑誌へのこだわり、今後どうしたいのかなどを南陀楼さんが聴いています。インタビューを読むことでかつてあった雑誌の話から雑誌があった頃、時代の空気が頭のなかに浮かんだり、今ある雑誌では題材にしている地域のことが理解できたりなど。いい本だと思います。

2018/09/16

qoop

同人誌、ミニコミ、タウン誌といった作り手と読み手の距離が近い本。そうした本を通じて人と人とのつながりが生まれると著者は説く。趣味や価値観、生活情報を共有することで読み手が作り手になり、出版の輪が広がり深まる。その可能性を著者が聴き取ったのが本書。本というのは止むに止まれぬ気持ちの表明だったり、あふれてしまった某かの受け皿だったりするのだなと感じた。文章や絵画が創作の一次産業(変な言い方だが)だとしたら本というのは二次産業だと思っていたけれど、違うのかもしれない。どちらも差異なく一次産業なのかも。

2019/10/24

スプリント

ミニコミ誌の作成を続ける人々へのインタビュー集です。発行の間隔が数年空く雑誌もありました。

2018/02/25

感想・レビューをもっと見る