読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

光村ライブラリー・中学校編 1巻 赤い実 ほか

光村ライブラリー・中学校編 1巻 赤い実 ほか

光村ライブラリー・中学校編 1巻 赤い実 ほか

作家
井上靖
安岡章太郎
F. ムンテヤーヌ
山本周五郎
三木卓
出版社
光村図書
発売日
2005-11-15
ISBN
9784895283694
amazonで購入する

光村ライブラリー・中学校編 1巻 赤い実 ほか / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

とよぽん

学校図書館で。「一切れのパン」「おふくろの筆法」「内蔵允留守」がよかった。20~30年前の国語教科書、なかなかよい教材が載っていたものだと、改めて思った。

2017/08/04

おはなし会 芽ぶっく 

小学校編を読んだので中学校編も。文学作品7作。『 赤い実(井上靖) / おいのり(三木卓) / サーカスの馬(安岡章太郎) / 一切れのパン(F=ムンテヤーヌ ) / 内蔵允留守(山本周五郎) / おふくろの筆法(三浦哲郎) / 吾輩は猫である(夏目漱石) 』

2021/01/08

ゆう

「一切れのパン」「内蔵允留守」がよかった。どちらもラストであっと、言わせてくれる。「内蔵允留守」は、読みなれていないと読みづらいと感じるかもしれないが、それだけに、ラストで自分の価値観ががらりと変わるような読書体験で、読書のおもしろさに気付いてほしい。

2014/02/09

T-top

「一切れのパン」を読むために図書館から借りた。思いがけなく「おふくろの筆法」に再会。ちびた鉛筆、ごしごしという描写が記憶に残っていた。

2015/08/16

Takahiro Itoh

山本周五郎の「内蔵允留守」が良い。中学生がこれを教科書で読んでいたとは。素敵なことだ。

2015/01/24

感想・レビューをもっと見る