読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

WILL YOU LOVE ME TOMORROW(ドルチェノベルズ)

WILL YOU LOVE ME TOMORROW(ドルチェノベルズ)

WILL YOU LOVE ME TOMORROW(ドルチェノベルズ)

作家
柏枝真郷
ひたき
出版社
ムービック
発売日
2012-08-10
ISBN
9784896018530
amazonで購入する

WILL YOU LOVE ME TOMORROW(ドルチェノベルズ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

枯伍

デスペラード第5話。娼館で起こった殺人事件をめぐる話。ある男の自殺とある会社の倒産、2つの事件が交錯する中、恋人のトニーが誘拐され―― 絶望と共に生きてきたものには「明日」を信じられるようになるのは難しい。書き下ろしはトニーから見た仕事中のクラークの姿。ごちそうさまって感じでしょうかw 新書版復刊はここで終わりになってしまい残念。続きは単行本で。

2017/11/21

まるこ

旧版でも読了済み。でも犯人はこの人だったっけなー。あれ、この人だったっけ?と思いながら、やっぱりすっかり忘れていたせいかその結末にビックリ!そしてちょっとシンミリ・・・。クラークが言ってるように「後味の良い事件はない」正しくその通りでした。同時収録新作はアンソニー視点。あまり自分の感情を表に出さないキャラなので、どういう風に感じているのか、思っているのかが読めて新鮮でした。やっぱりこのシリーズ、いや柏枝さんの作品って大好きだなぁ・・・としみじみと実感出来た読後感でした。次巻も楽しみにしています。

2012/08/24

睦月

Will you still love me tomorrow? ああっ!もう、何度でもyesって言ってあげて!!

2012/08/21

まかろん@大人腐乙女

光風社出版で刊行されていた頃から新刊として購入していたものを持っています。如月七生先生がイラスト。実は、文庫になる前の、単行本の時代から知っていたので、私の中では『いつでも本を開けば帰れるあの世界』です。新装版は、書き下ろし目当てで読みました。本編は敢えて読んでいませんが、エッチも殆どない、キスもままならない、この男寡婦な探偵と美形の元男娼の助手カップルをとても愛おしく感じます。カタカナ名の物語が苦手な私ですが、デスペラードシリーズは別格です。新しいお話で新刊出ないかな。

2014/07/18

てふてふ

「明日も愛してくれますか?」あああああ、切ない。でも温かい。

2013/03/02

感想・レビューをもっと見る