読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

はじめてのファミコン―なつかしゲーム子ども実験室

はじめてのファミコン―なつかしゲーム子ども実験室

はじめてのファミコン―なつかしゲーム子ども実験室

作家
卯月鮎
出版社
マイクロマガジン社
発売日
2005-07-01
ISBN
9784896372106
amazonで購入する

はじめてのファミコン―なつかしゲーム子ども実験室 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

うにやま=ゆぅ

★★★☆☆ PS世代の子供にファミコンのゲームをやらせてみる企画。子供の反応が新鮮で良い。画面より内容重視で評価するよい子供を選んだと思う。プレイ後の評価もなかなか意外だったり。ギャラガを初めて遊んだ時の感動などは時を超えても有効だったりするのね。良企画だけど数時間でRPGやADVゲームを遊ばせるはちょっと酷かな…。

2013/08/15

ルシュエス

PS世代の少年にFCゲームをやらせてみる本。OPやチュートリアルが基本無いので、戸惑いの声がそのまま載っていて面白いです。 でも「絵が汚い」とかそういう感想は無く、名作はPS世代の子でも「面白い」と思うのも興味深い。

2012/07/03

リボー

いや~リアルタイムでファミコンを楽しんだ人やレトロゲームファンにとってはたまらない内容。面白かったです。

2012/03/22

AiTaka_twi

★★★★☆

2010/08/08

あーさー

ファミコン世代ではない少年「まるやきくん」に、さまざまなファミコンソフトを遊んでもらおうという企画。順応できたりできなかったり、素直な反応が返ってくるのが面白いです♪

感想・レビューをもっと見る