読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

オレ、おおきくなるのいや

オレ、おおきくなるのいや

オレ、おおきくなるのいや

作家
デヴ・ペティ
マイク・ボルト
小林賢太郎
出版社
マイクロマガジン社
発売日
2019-04-19
ISBN
9784896378665
amazonで購入する

ジャンル

オレ、おおきくなるのいや / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

keroppi

「オレ、カエルやめるや」のシリーズ。子供のカエルくん🐸、大きくなるのがイヤみたいだけど、大きくなるのもいいもんだよ。大人になったら、大人の楽しみだっていっぱいあるんだから。カエルの子供だったらオタマジャクシじゃないのと突っ込んだりしないで。

2019/05/10

クリママ

「オレ、カエルやめるや」の3作目。かくれんぼするときのゾウの苦労はわかるけど、大きくなりたくない理由づけはちょっと弱いな。「オレ、カエルやめるや」ほどのインパクトはなかったかな。

2019/07/05

たまきら

毎度毎度この子は本当に…。おばちゃんが母親だったらムッとするだろうけど、この親御さんったら気が長くてすごいのよ。娘さんは楽しんだ模様です。あなたのお父さんも気が長いからよかったねえ。

2020/10/12

kanata

シリーズもの。「大きくならなければ窮屈じゃないし、そっちのがいいよ!」というカエルの子。大人になんかなりたくないという主張ではなく、あくまで身長よりの話(間接的には成長ぜんたいがテーマなんだろう)。「お父さんのように足が長くならないと困るよ」と諭す父に「体の大きな友だち(ゾウ)がいるもん!」と来た。しかも「大きくなったらかくれんぼに不利だよ!」とも。わたしもちょっとこんな子どもだったなあ…。カエルの子のお父さんも、自分の子どもの頃のことと引き合わせた説教などはしなくて、いつも自由にさせている。

2019/07/21

くぅ

このシリーズのかえるくんが好きらしい。いつもながらに屁理屈ばかり。でもこの屁理屈こねてる顔が確かに可愛い。アカメアマガエルの目が赤いのは怖いらしい。(3歳2ヶ月)

2020/07/08

感想・レビューをもっと見る