読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

親愛なるキティーたちへ

親愛なるキティーたちへ

親愛なるキティーたちへ

作家
小林エリカ
出版社
リトル・モア
発売日
2011-06-13
ISBN
9784898153123
amazonで購入する

親愛なるキティーたちへ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぐうぐう

親愛なる……。小林エリカにとって、それは父であり、アンネ・フランクだった。アンネにとって、それは一冊の日記帳であった。親愛なるキティーへ。本書は、3冊の日記から成り立っている。アンネの、父の、そして小林エリカの。10歳で読んだ『アンネの日記』に感銘を受けたエリカは、31歳の時にアンネの軌跡を辿る旅に出る。アンネと同じ年に生まれた父が80歳を迎えた、それは年のことだった。父と同じように、80歳の誕生日を迎えたかもしれなかったアンネ、という想像。エリカの旅行鞄には3冊の日記帳が収められている。(つづく)

2020/05/04

ひとみ

子どもの頃から『アンネの日記』を愛読していた著者が、『アンネの日記』とアンネと同年生まれの父が戦中戦後に書いていた日記を持って、ベルゲンベルゼン収容所跡からフランクフルトへとアンネの生涯に関わった地を巡る旅の記録。アンネとホロコーストだけでなく、著者は過去や現在の戦争や紛争を結びつける。タイトルの「キティーたち」が誰を指すのか、日記の読み手のことなのかな。

2014/07/07

ハルト

車窓を流れる景色のように行きては過ぎていく記憶、歴史。アンネ・フランクの日記から、ドイツ、オランダとその足跡をたどりつつ、アンネと同年に生まれた著者の父の日記──日本での同じ時間を並べ語っていく。永遠に少女なままのアンネと、アンネの年齢を遠く過ぎ、少女ではなくなった著者と。そしてかつての少年だった父親と。かつての、それぞれにあった青春時代をふり返りながらの旅は、喪われた時間やなによりアンネに対する鎮魂のためのもののように思えました。映画を観たかのような読後感でした。

2011/07/30

バク

同じ年に産まれて、同じ時代、同じ日に日記を書いてる、でも敵国でありつつ、生死がわかれつつ。そこに、時間を超えた現在作者の旅日記と、でも旅はアンネを遡りながら。 立体感が幾重にもありながらも、内容は重苦しくも、文体はさらさらと読みやすい。本ってスゴイ。

2017/11/15

終戦60年余後、終戦前後、終戦直前、ばらばらの時代の3人が日記でつながる様子にちょっと興奮した。想像力があれば歴史を2Dから3Dへ変換できる。

2016/03/02

感想・レビューをもっと見る