読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ことばをながめる、ことばとあるく ―詩と歌のある風景 (本と美術の展覧会 vol.2)

ことばをながめる、ことばとあるく ―詩と歌のある風景 (本と美術の展覧会 vol.2)

ことばをながめる、ことばとあるく ―詩と歌のある風景 (本と美術の展覧会 vol.2)

作家
太田市美術館・図書館
最果タヒ
佐々木 俊
祖父江慎
服部一成
管啓次郎
佐々木愛
大槻 三好・松枝
惣田 紗希
出版社
リトル・モア
発売日
2018-09-22
ISBN
9784898154885
amazonで購入する

ことばをながめる、ことばとあるく ―詩と歌のある風景 (本と美術の展覧会 vol.2) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

キムキムさん

詩を読むとき、小説とは違って「これってどう読んだらいいのかしら」と思いまどう瞬間がしばしばあったけど、今作で最果タヒさんが話す「歌の生きる姿」、誰にでもひらかれているものが詩であり、歌であること。「美術館で詩を読むとしたら、その詩はどのような形を持つか」という出発点から、「読む」と同時に「見る」ことを成した詩とグラフィックが溶け合う空間を眺めることを通して、普段散歩しながら自分の中で風景イメージを紡ぐ自由さと近しいものだと受け取ることができる。いつでも立ち止まれるし、たくさん寄り道できる。読むこと。

2020/05/24

まんだむ

実際に展覧会に行けていないので、とりあえず図録だけでもと思い購入。写真だと分かりにくいけど、実際に見たら楽しそうだなあ、と思いながらぺらぺら読んでいた。詩や歌に触れた時の、読み手による解釈についての考えには納得できるし、最果タヒが前から言っていることでもあるんだよな、と思った。

2018/10/01

感想・レビューをもっと見る