読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

沢村貞子の献立 料理・飯島奈美

沢村貞子の献立 料理・飯島奈美

沢村貞子の献立 料理・飯島奈美

作家
飯島奈美
沢村貞子
齋藤 圭吾
出版社
リトル・モア
発売日
2020-03-10
ISBN
9784898155172
amazonで購入する Kindle版を購入する

沢村貞子の献立 料理・飯島奈美 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

佐々陽太朗(K.Tsubota)

沢村家の食卓が再現され、鮮やかな写真で視ることができるのがうれしい。こうしてみると沢村さんが『わたしの献立日記』の中で「献立に大切なのは、とり合わせではないかしら。今日は魚が食べたい、とか、肉にしよう――などと主役は早く決まっても、それを生かすのは、まわりの脇役である」と書いていらっしゃった意味が良く判る。主菜を脇がしっかりと固めている。沢村さんが日々の食事を大切にし、家族や友人と過ごす時間を大切にし、堕することなく凜と背筋を伸ばして生きていらっしゃる姿が目に浮かぶようだ。

2021/12/07

藤月はな(灯れ松明の火)

何の予定も入れていない日曜日の朝は、Eテレで『365日の献立日記』と『日曜美術館』を観るのを楽しみにしている。そんな中、番組で作られていた料理のレシピ本が出版されました!レシピを見て「こんな分量で作られていたのだな」と分かるのでありがたい。そして料理の手順を思い浮かべると、ちょっと贅沢だったり、手間をかける事で日々の食卓はより一層、楽しくなるのだなとしみじみと思う。また、南瓜を梅干しと一緒に煮たり、残ったカレーにオイスターソースを入れて炒め物などの意外な組み合わせも知れて面白かったです。

2020/08/18

ばう

26年以上、毎日その日の献立を記録し続けた貞子さん。その内容は多種多様で、女優業をしながらよくここまでまめに料理されて!と驚くばかりです。その一部を飯島奈美さんの調理で紹介してくれるTV番組のファンなので詳しいレシピが知りたくて借りてきました。どの料理もごく普通の献立だけれどとても丁寧な説明なので基本に立ち返って作ってみよう!という気になります。「とりの黄金揚げ」を晩ごはんに作ってみようなかぁ?

2022/02/11

ベーグルグル (感想、本登録のみ)

Eテレの献立日記を頭に描きながら読みました。季節のものを取り入れ、手間を惜しまず作られている沢村貞子さんも素敵だが、レシピは載っていないが、献立のメニューだけで料理を作る飯島奈美さんはやっぱりすごいなあ。盛り付けも素敵。

2020/12/03

canacona

365日の献立日記、毎回見てるわけじゃないのだけど、見かけるとつい見てしまういい番組。沢村貞子さんの献立日記をベースに、飯島奈美さんが番組内で作った料理が紹介されています。どれも、日常の料理で、難しくはないけど丁寧に作られてるのがわかります。この元になった「わたしの献立日記」も読んでみたいな。

2021/02/25

感想・レビューをもっと見る