読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

忘れられそうで忘れられない映画

忘れられそうで忘れられない映画

忘れられそうで忘れられない映画

作家
和田誠
出版社
ワイズ出版
発売日
2018-10-30
ISBN
9784898303207
amazonで購入する

忘れられそうで忘れられない映画 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

GO-FEET

「もっとしつこく言うと「批評家はあまり誉めなかったし、大ヒットはしなかったし、賞は貰わなかったし、ベストテンにも入らなかったけれども、俺は好きなんだよなあ」といえるような映画。他人がなんと言おうと愛すべき作品だと僕が勝手に思っている映画。そういう映画について、思い出すかぎり書いてみよう、というのがそもそもの始まりであった。」という〈まえがき〉が書かれたのが2011年10月で、この本が出版されたのが2018年10月。7年間もかかってるわけで、本当にお疲れ様でした。★★★★

2019/02/10

hirokazu

1939年から1956年にかけての19本の映画についてのエッセイ・・・なのかな?最初から最後まで詳細に書かれたストーリーの方がメインのような気がする。見たことあるのは(多分20年くらい前だったか)「原子怪獣現る」の1本だけ。特撮ファンにとっては有名な作品だから。レイ・ブラッドベリとレイ・ハリイハウゼンが少年時代からの友人というのは山本弘氏の「怪奇探偵 リジー&クリスタル」に出てたなあ。

2019/01/14

jacobee1352

図書館で借りたが、1本も観た映画がなかったので、即返却

2018/12/14

感想・レビューをもっと見る