読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ゲームの達人 <上>

ゲームの達人 <上>

ゲームの達人 <上>

作家
シドニィ・シェルダン
中山 和郎
天馬 龍行
出版社
アカデミー出版サービス
発売日
0000-00-00
ISBN
9784900430037
amazonで購入する

ゲームの達人 <上> / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

優希

面白かったです。ジェットコースター・ノベルと言うのに相応しく、早く読むほうが物語に引き込まれると思いました。ダイアモンドの話から昼ドラのような展開へと場面が飛んでいくのが物語のスピード感といったところでしょうか。人種差別など、重い背景もありますが、全体的に軽快で、違和感を覚えそうな流れをうまくまとめている印象です。次から次へと起こる出来事にのめり込みました。下巻ではどう話が進んでいくのか楽しみです。

2016/11/02

bookkeeper

★★★☆☆ 初読。一攫千金を夢見て南アフリカへ渡ったジェミーは自らを裏切った土地の有力者への復讐を誓う…。  シドニー・シェルダンのかつての話題作を読んでみた。展開が早いこと早いこと。録画したドラマを1.3倍速で見ているかの様です。夜通しリンチに遭ったり、イベントが次々起きるけどさくさく進みます。ジェミーのお話しだけでも大河ドラマ1年分作れそうだけど、早々に代替わり。大企業を相続したケイトの事業経営に何か「とんでもないこと」が起きたところで下巻へ続く。なんだよー(笑)これじゃ次週も見るしかないじゃん!

2021/03/16

あーさん★まおりゅうにハマってるよ!(≧▽≦)

結構怖い( ̄~ ̄;)女性って恐怖?(; ̄Д ̄)?

2019/06/07

ゆのん

約30年ぶりに再読した。内容は凄く面白かったのとダイヤが絡んでいた事位しか記憶になかった。再読してみて改めて面白く、一気に読んでしまった。早速下巻へ。

2018/01/18

Tetchy

云わずと知れたバブル時代の大ベストセラー!ケイト・ブラックウェル一族の3世代に渡る数奇な運命を濃厚に描く。当時は徹夜本と云われたが、その魅力は現在でも全然損色ないと思う。

2008/11/04

感想・レビューをもっと見る