読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

人生20年説―人は一生に4回生まれ変わる

人生20年説―人は一生に4回生まれ変わる

人生20年説―人は一生に4回生まれ変わる

作家
森毅
出版社
イーストプレス
発売日
0000-00-00
ISBN
9784900568594
amazonで購入する

人生20年説―人は一生に4回生まれ変わる / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

らっそ

森先生がテレビで仰ったことに自分の価値観が大きな影響を受けていることに改めて気づく 気になる一文:試験もゲームだから/悪口を言っても崩れない状態が信頼なんだから/何でも、相反するベクトルを持っていた方がいいんじゃないかという気がする/理想の集団とは、いつでも気楽に仲間から外れることができて、また気楽に仲間に戻れることができる集団だと思う/日本のことを何か話すときに、せいぜい百年かそこらのことを考えすぎる/両道かけてみれば、かえってうまくいくこともあるものだ/単純に言うと、東京は全部東京人にしようとする街

2012/08/16

らっそ

気づき:森先生追悼。中高生の時に見た「CLUB紳介」で先生のお話を聞いて以来、この本の生き方には密かに影響を受けてきました。折に触れて読み返している本の1冊です 気になる一文:人生八十年の現在、ひつとの考え方で生きるには長すぎる/悪口を言っても崩れない状態が信頼なんだから/理想の集団とは、いつでも気楽に仲間から外れることができて、また気楽に仲間に戻ることができる集団だと思う/便利さにはマイナス面があって、ややこしさを避けて便利さを追求すると、だんだん空洞化する/一般に、自分をバカに見せると相手も心を開く

2010/08/22

らっそ

みんな同じだと集団はやせる

2009/09/27

Hi-shinji

おもしろかった

naturaltomato

学生時代に読んだ本。人生20年×4回説。3rd semesterに入りました。

2020/03/04

感想・レビューをもっと見る