読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

唯幻論始末記 (わたしはなぜ唯幻論を唱えたのか)

唯幻論始末記 (わたしはなぜ唯幻論を唱えたのか)

唯幻論始末記 (わたしはなぜ唯幻論を唱えたのか)

作家
岸田秀
出版社
いそっぷ社
発売日
2019-01-19
ISBN
9784900963818
amazonで購入する

唯幻論始末記 (わたしはなぜ唯幻論を唱えたのか) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

yamahiko

二十歳前に読んだ「ものぐさ精神分析」は、(世間的にどう評価されていようと)私にとって、心の強張りを取り除いてくれた衝撃的といってもよい読書体験でした。それ以降は著者の論にふれる機会はほとんどなかったものの、三十数年ぶりにふれる論理展開に、あの頃何が自分を抑圧していたのか思いだし、懐かしいものを感じました。

2019/09/25

karutaroton

性的唯幻論に興味があったけどこの本しかなかったので買ったのですが、正直イマイチでした。母親への反発に多くを割いてるのだけど、客観的にはご本人の方に多く問題があるように思うし、それ自体に興味ないからなあ。ただ、男性を興奮させて勃起させないといけないから今の性文化ができてるというのは、面白い視点と思ったし、ご自身と母親の関係を日本とアメリカや、韓国と日本の関係に対比してるのは少し興味深かった。でもやっぱり総合的には不満の部類。あと、中野信子嫌いなんだなあと。

2019/11/15

袖崎いたる

ふーむ。母親への恨みが募ってるなぁ。ラストのあとがきはエモい。一度はお会いしてみたかった。手を取り、きみの幻想は間違いないと言ってもらいたかった……。この本の刊行イベントは……さすがにないですかね?

2019/02/02

hasegawa noboru

80代半ばになられるという筆者の人生の楽屋裏を明かした最後の書下ろしだとのこと。筆者が苦しんだ脅迫神経症、人格障害、現実感覚の不全の起点に、母(実父の妹)から受けた呪縛、抑圧的愛への恨みがあったと繰り返される。ひと時ブームになった、唯幻論の背景を明かしておられるわけだ。失礼ながらやや老いの繰り言めくか。

2019/03/24

inaryoXD11

岸田先生の唯幻論がぼく好みの論理展開をしてくれるので、何冊か読ませていただいています。始末記はその集大成ということか・・・。 岸田先生自身の経験を元にした強迫観念や現実認識の解説には、ぼくも似たようなことがあると感じ、ぼくもあまりよい人間ではないのかと・・・。先生の昔話(興行界の話)も面白かった。 これが最後といわずに、またいろいろと書いて欲しいですね。

2019/10/10

感想・レビューをもっと見る