読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

『森の生活』ソローの生き方を漫画で読む

『森の生活』ソローの生き方を漫画で読む

『森の生活』ソローの生き方を漫画で読む

作家
マクシミリアン・ル・ロワ
A・ダン
原正人
出版社
いそっぷ社
発売日
2020-11-03
ISBN
9784900963917
amazonで購入する

『森の生活』ソローの生き方を漫画で読む / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

yumi✽.。.:*

たっぷりと生きることの実践、ソローの生き方や考え方に名前をつけたり分類することは不要だった。属さない、群れない。梨木香歩さんの本の、本当のリーダーは自分の中にあるということを思い出した。生き方、執筆、演説、彼は自分に賛同することを求めたのでなく、自分と対話し、生きることを表現したのだと思う。森や動物やインディアンに、自分のいのちを見ていたと思う。孤独を省みず、媚びずに馴れ合わずいるのは難しいけど、潔くかっこよい。

2021/01/02

チェアー

ソローはアナキストだったのか。 そういう思想的な枠組みではとらえきれない思想家=実践家だったのだろう。 ソロ-と聞くと隠遁者というイメージがあったが、まったく違う。現実に関わりながら、弾かれた人、という印象だ。 ちゃんとソローを読んでみないと。

2021/03/31

tsubomi

2020.12.17:八甲田の森の中のホテルにて読書。ソローというと森の中で暮らしていた変わった人くらいのイメージしかなかったのですが、予想外に社会活動家で博物学者でもあったんですね~。高校生のころにベトナム帰還兵がPTSDになって森に引きこもり、『森の生活』を愛読書にしているというドキュメンタリー映像を見せられて以来の私のソローの印象は久しぶりに更新されました。自然の中での自由な生活、奴隷制度に反対するための税金不払い、多様な民族の価値観を尊重する考えに共感を覚えました。彼の著書も読んでみたいです。

2020/12/17

あつ子

まえがきにあるように、『森の生活』という語感から、私もソローのことを"穏やかで無害な思想家"、"心やさしき夢想家"と思っていました。いやはや恥ずかしい。 闘う御仁でありましたね。「死ぬためにはまずきちんと生きなければ!」「多くの人たちが彼らを断罪していますが、それは彼らの数が少ないからです。しかしいったい、いつ正しく勇気のある人たちが多数を占めたことがあったでしょうか?」 …頬を張られる言葉ばかりです。

2021/04/03

感想・レビューをもっと見る