読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

黒板五郎の流儀―「北の国から」エコロジカルライフ (MUSASHI BOOK)

黒板五郎の流儀―「北の国から」エコロジカルライフ (MUSASHI BOOK)

黒板五郎の流儀―「北の国から」エコロジカルライフ (MUSASHI BOOK)

作家
倉本聰
出版社
エフジー武蔵
発売日
2002-08-01
ISBN
9784901033084
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

ドラマ「北の国から」の名セリフを交えながら、バターや電気、丸太小屋までを作る黒板五郎さんのエコロジカルライフをご紹介。富良野のような広大な地で実践は臨めなくても、生き方や暮らしの知恵に共感できるものがきっとあるはず。そんな五郎さんのメッセージが詰まった本です。

黒板五郎の流儀―「北の国から」エコロジカルライフ (MUSASHI BOOK) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

kappy

「北の国から」で五郎さんが自力で建てた家の作り方。五郎さんすごすぎ。というか、製作スタッフすごすぎ。こういった視点で見てもやはり凄いドラマだ。一時代巡った今、五郎さんの考え方は改めて支持されるはず。

2014/06/08

GEN

「北の国から」で田中邦衛が演じた五郎さんの生活を紹介する一冊。劇中に登場した石の家や丸太小屋、風力発電などの作り方がことこまかく記載されています。見れば見るほど、富良野の自然の中で暮らしていた五郎さんのたくましさを改めて感じずにはいられません。ひとりで作る男の一軒家作りのコーナーの解説も充実しており、読んでるだけでも富良野に行きたくなる本です。難点は、一生懸命読めば読むほど「…ひとりで家つくるとか無理だろ…」と思ってしまい、自分の小ささを実感してしまうことでしょうか。いや、いくら解説あっても無理だって。

感想・レビューをもっと見る