読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

レッドツリー

レッドツリー

レッドツリー

作家
ショーン・タン
Shaun Tan
早見優
出版社
今人舎
発売日
2011-06-01
ISBN
9784901088947
amazonで購入する

レッドツリー / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

やすらぎ

辛い気持ちを吐ける人は、近くにいますか。朝が来れば一日はいつものように始まります。誰か私のことを理解してくれるかしら。…どうして心は冷めているの。沈みそうな紙の船に悲しみの波が押し寄せてきます。私はいったい何者なの。なぜここにいるの。この世界で何をすればいいの。そして夜が訪れ、いつものように一日が終わります。…世界が灰色に染まっても、私は今ここにいる。今は見えないものが見えてくる。ほら、目の前には希望のレッドツリーが私を待っている。最悪も最高も求めないから。小さな幸せでも十分、心を穏やかにしてくれるから。

2021/07/16

☆よいこ

大人絵本。「ちょっと最悪から ものすごく最悪へと」いつもの毎日がはじまる。暗い顔で部屋から出て辺りを見回すと絶望ばかり、どこへ行けばいいのかわからない少女はひとりぼっちで佇む。ずっとそうやって毎日が続いていくと思っていた。「その時 突然 目の前にあったことに気づく」▽繊細なタッチで描かれる心象風景。ショーン・タンのイラストは暗いイメージでも、多くの情報に溢れている。どこかに何かが隠れ潜んでいるようだ。

2021/04/18

yoshimin

何人かの読友さんがお薦めしていたので。図書館で探してもらったら、これ1冊しかなかった。わぁ~この世界観とても好きです。排他的で刹那的な独特の絵。文も絵と同化してるし。そしてラストにポンと光が灯る感じ。他の絵本も読まなくちゃ。教えてくれてありがとうございます。

2020/11/29

紫 綺

ひと恋しく物寂しい、このシーズンにピッタリの一冊。希望の赤♪

2019/11/16

Vakira

ショーン・タンは最近知り、これは2作目。「そして一日ははじまる いつものように ちょっと最悪から ものすごく最悪へと」ではじまる少女の生活。孤独感からの苦しみや絶望。恐ろしい運命はさけられないのか?少女の苦悩がタンの素晴らしい絵に表現されている。絶望や恐怖がズシンとくる。タンもお気に入りの作家となりました。私のレッドツリーは・・・?

2015/01/18

感想・レビューをもっと見る