読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

レッドツリー

レッドツリー

レッドツリー

作家
ショーン・タン
Shaun Tan
早見優
出版社
今人舎
発売日
2011-06-01
ISBN
9784901088947
amazonで購入する

レッドツリー / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

紫 綺

ひと恋しく物寂しい、このシーズンにピッタリの一冊。希望の赤♪

2019/11/16

Vakira

ショーン・タンは最近知り、これは2作目。「そして一日ははじまる いつものように ちょっと最悪から ものすごく最悪へと」ではじまる少女の生活。孤独感からの苦しみや絶望。恐ろしい運命はさけられないのか?少女の苦悩がタンの素晴らしい絵に表現されている。絶望や恐怖がズシンとくる。タンもお気に入りの作家となりました。私のレッドツリーは・・・?

2015/01/18

ゆのん

【絵本】探しているものは意外にも近くにある。小さく赤い葉っぱがそれぞれのページに必ず描かれているのを探しながら。276

2019/09/14

手を洗う♪みどりpiyopiyo♪

そして 一日ははじまる いつものように… ■今にも沈みそうな紙の舟で漂う主人公。社会の中で「自分」や「希望」を見失い、「孤独」や「絶望」を感じてしまうこと あるよね。■悲しい気持ちになったとき、疲れちゃったとき、この本をめくると、少しだけ前へ進んでみよう、少しだけ笑ってみようと思う。そんなお話。(2001年。日本版 2011年)(→続

2019/02/07

Hideto-S@仮想書店 おとなの絵本 月舟書房

日本で初めて翻訳されたショーン・タンさんの絵本。翻訳を手がけたのは元アイドル歌手の早見優さんです。ショーン・タン流『青い鳥』と書いたらネタバレになってしまうでしょうか。『アライバル』や『ロスト・シング』に比べると絵本らしいタッチの絵(作者の多彩なスタイルは驚くばかり!)。とはいえ、10代からSF作品の挿絵を描いていたという作者のシュールでスラップスティックなイマジネーションの飛翔はくすりと笑ってしまうほどです。月曜日の朝が嫌いな人、独りぼっちになった気がする時に読んで欲しいし、読みたいなと思います。

2014/06/14

感想・レビューをもっと見る