読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

女子大生会計士の事件簿3

女子大生会計士の事件簿3

女子大生会計士の事件簿3

作家
山田真哉
出版社
英治出版
発売日
2004-04-01
ISBN
9784901234481
amazonで購入する

女子大生会計士の事件簿3 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

手押し戦車

ビジネスには固定費型と変動費型がある。固定費型はホテルや鉄道、電力など多大な設備投資されたビジネスで売上と比例する費用が少ない分、損益分岐点売上高を固定されていて売上がほぼ粗利になり価格を調整しやすい強みがある。変動費型は小売業や製造業に多く売上を上げるのに材料や仕入れ、外注費など費用が比例して上がって行く分、売上原価が変動し値下げが容易に出来ない。会計の視点からビジネスの費用の種類を見て、企業の強みと長期的な競争力が有るか判断するには、過去から一貫して同じ比率で費用が動いているかを見ると分かる

2015/01/01

「会計士の仕事ってこんな感じなんだ」ということをさっくりと知ることができた。

2012/11/07

nyanco

DX.版と内容は同じと思って読んでいたが、DX.の方が収録作品が多いことが判明。

2008/10/02

あや

【図書館】 シリーズ3作目。いつもの短編も良いですが、今回のような中編のほうが読みごたえがあって好きです。新たな道を示唆し企業の生まれ変わりに貢献出来る、会計士って素晴らしい職業だと感じました。

2011/04/18

ちゅろリアン

内容はためになるけど、そろそろ萌ちゃんのキャラがうざくなってきた(笑)

2010/03/28

感想・レビューをもっと見る