読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

人生のほんとう

人生のほんとう

人生のほんとう

作家
池田晶子
出版社
トランスビュー
発売日
2006-06-02
ISBN
9784901510400
amazonで購入する

人生のほんとう / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

団塊シニア

常識、社会、年齢、宗教、魂、存在の6項目について語られており哲学的人生論という感じです、難解な部分もあるが独特の真理を探究する作者の姿勢が感じられる講演記録である。

2015/02/25

tapioka

池田さんが「人生を考える」というタイトルで行なった6回の講義を収録した本。常識、社会や世間などは社会的な作り事(言葉の定義)に過ぎない、と自覚することで、作り事に翻弄されず賢く生きることができると述べています。私自身、人は人が定義した言葉の中で生活しており、人が定義しているからこそ色んな矛盾と虚構を含んでいる、と日々感じているので、池田さんの考え方には同意できるものが多かった。ただ、池田さんの著書を読み慣れていないせいか、新たな言葉が唐突に出て来る文章には、終始読みづらさを感じ、理解するのが大変でした。

2016/11/07

抹茶モナカ

全6回の講演を書籍化した本。人生は何か、というテーマで、仏教の『空』の考えに着地する。仏教は宗教というより哲学だ、と、何処かで誰かが言っていたのを思い出し、池田さんの好みの思考なんだなぁ、と思った。講演録なので、いくつかの本の焼き直しながら、読みやすくて、良かった。

2018/02/12

風に吹かれて

『14歳からの哲学』の深堀版とでもいいたいような本。中高生には言うべきではない生と死の根源的な意味(もちろん池田氏考えるところの)を考えさせる。私なりの理解では、私たちが「桜」と呼んでいる花の、「桜」という言葉では表せないその「桜」の存在そのものについてまでしっかりと考えること、でも考えることとは言葉によってということなのだから、考えることの限界と人間の考えを超越する存在の謎を感得できれば、人生は素晴らしい、ということだろうか。「桜」という言葉では表せない「桜」の在りように私たちは感嘆しているはずだから。

2019/04/16

もも

誰よりも感動を与えた人=感動的な人生を歩む、という言葉が印象に残った。こういう本に慣れていないからか、ちょっと難しく理解できないところも多々あった。。。

2016/10/22

感想・レビューをもっと見る