読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

声が世界を抱きしめます 谷川俊太郎 詩・音楽・合唱を語る

声が世界を抱きしめます  谷川俊太郎 詩・音楽・合唱を語る

声が世界を抱きしめます 谷川俊太郎 詩・音楽・合唱を語る

作家
谷川俊太郎
中地雅之
出版社
東京学芸大学出版会
発売日
2018-12-19
ISBN
9784901665551
amazonで購入する

声が世界を抱きしめます 谷川俊太郎 詩・音楽・合唱を語る / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

けんとまん1007

谷川俊太郎さんの詩が、一番多く、音楽にもなっているという事実を初めて知った。そんな谷川俊太郎さんと、音楽とのコラボレーション。確かに、好きな詩人の方は何人かいて、その中では谷川さんが、一番、メロデイが浮かぶようにも思う。音楽になることで、新たな一面も浮かび上がるということも凄い。音楽家に、そんな気にさせるのも、谷川さんならではなんだろう。

2019/03/27

なおみ703♪

谷川さんは、詩を書き始める以前から聴いていた音楽が自身の人生を作ったと述べている。「音楽にあこがれ」「音楽のように」なりたいと焦がれる。「琴線に触れた音楽」からことばが、そして詩が生まれる。詩も音楽も「言語以前」の意識下、魂とも呼ばれるところから生まれるという。芸術観が詰まった良書。書き下ろしの詩「合唱」の「みんなで歌っています 見えない声のオーロラが幻のように心に広がり 声が世界をだきしめます 私の声ではありません あなたの声でもありません 合唱の声は人間を超えて 宇宙の始まりにちかづきます」が好き。 

2019/03/31

Hideichi Sekiya

谷川俊太郎さんの詩が合唱にもたらしたものとは、、、

2019/06/03

Ai

詩人の言葉には、心惹かれるものが彼方此方に。谷川俊太郎さんの作られた詩へのおもいを知ることができる。

2019/05/13

感想・レビューをもっと見る