読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

うしろのダメラ

うしろのダメラ

うしろのダメラ

作家
あきやまただし
出版社
ハッピーオウル社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784902528466
amazonで購入する

ジャンル

うしろのダメラ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

遠い日

あきやまさんの、強いメッセージ性を持ったお話。自分に自信が持てないダメラは、目立たないように気配を消して、いつもそこにいるだけの子。何をしてもうまくできっこないという否定的な考えに囚われているダメラ。そんなダメラのことをちゃんとみていたドングラのことばが突破口となる。認められて、やってみることの重要性。これは、子どもだけの話ではない。大人にも十分通用するメッセージだ。

2018/08/29

おはなし会 芽ぶっく 

ダメラはダメなかいじゅうじゃなくて、自分をダメだと思い込んでいるかいじゅうです。どんな子どもにも秘めたすばらしい力があると信じて欲しい、とあきやまただしさんからのメッセージです。

2019/04/06

いっちゃん

やってみたら出来た。みんながみんな、前に出られるわけではないし、友達のやってみたら?ってなかなか大切。いろんな教訓がある本だった。

2016/12/11

mari

あとがきがよい。ダメと思っているのは、意外にも自分。やってみたらダメじゃないかもしれない!読み聞かせで使いたいな♪

2015/04/19

boo

自分に自信がないダメラ。いつも存在を消してるつもりだった。そんなダメラが後半には…どうしてそうなるのかわからないからおぉ!ともならなかった。努力してできたわけでもないから能力があったってことだと思うけど、なんとなく納得出来ず…友達できたのはいいんだけど…って感じでした。(4歳8ヶ月.2歳9ヶ月)

2018/05/12

感想・レビューをもっと見る