読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

夜想#山尾悠子

夜想#山尾悠子

夜想#山尾悠子

作家
山尾悠子
山尾悠子特集編集委員会
出版社
ステュディオ・パラボリカ
発売日
2021-03-17
ISBN
9784902916454
amazonで購入する

夜想#山尾悠子 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

燃えつきた棒

恥ずかしながら、山尾悠子の密かなファンである。 だが、実は、まだ一冊も読んだことがない。 そんな訳で、この本を手にしたのだ。 そんなファンがいるものか!と言われても、実際ファンなのだから仕方がない。 本だって、『ラピスラズリ』、『歪み真珠』、『白い果実』(翻訳)、『飛ぶ孔雀』、そして本書と、既に5冊も持っている。 何故だろう? まず、どうしようもなく書名に惹かれてしまう。 『ラピスラズリ』、『歪み真珠』、『飛ぶ孔雀』ときたもんだ。

2021/04/05

くさてる

ムックかな?と軽い気持ちで手に取ったのだけど、読み応えたっぷりな内容で大満足です。年譜、作品紹介、インタビュー、エッセイ、評論や、掌編、所蔵の人形紹介まで、山尾悠子のファンなら楽しめること間違いなし。特に自作や文学賞にまつわるエッセイの筆致が実にのびやかで楽しく、鋭くて面白かった。休筆期間のことや昭和のSF文壇での扱いなど、色々と察せられる部分もあって興味深かったです。ときに難解と言われることも多い作品への理解も深められた思い。良かったです。

2021/09/18

ゆう

「夜想」山尾悠子特集号。評論の他、年譜、ご本人のインタビュー、掌編を収録。どれも情報量が多く、一生懸命読みました。多くの方が仰っていることですが、川野芽生によるラピスラズリ評が抜きん出て面白く、こちらを読めるという一事だけでも購入に値します。本書でどなたかが初期作に漂うファルスの匂いについて言及されていましたが、休筆期間を経ての山尾悠子さんの快進撃と川野評で書かれた内容には相関関係があるように思いました。山尾さんの読者を自称できるほどの力量のない本読みですが、これからも、何度でも魅せられて、挑み続けます。

2021/05/15

あ げ こ

かの膨大さ、あまりにも多くのものを内包している事、言及される事のない場所にさえ確かに存在していると感じる事、その正しさと奥行き、読み尽くしてしまう事の不可能さを思い知る読書であった。〈これを読まずして、山尾悠子を語れない〉どころか、読んで一層、山尾悠子を語る事が困難になったように思える。読む度にいつも覚える、今自分が目にし触れたものは、完成された世界の、その膨大な内の、ほんの一部でしかないのだ、と言う感覚。その感覚が決して間違いではなかった事を確信させられるような。かの世界、かの構造の、複雑さと美しさ…

2021/03/25

ふるい

山尾悠子と同世代のデビュー当時を知る世代や、『作品集生』『ラピスラズリ』からの新世代のファンである作家や編集者による評論・エッセイ、詳細な年表やインタビューなどなど、盛りだくさんでとても楽しめた。とくに川野芽生のフェミニズム&シスターフッドの視点から『ラピスラズリ』を読み解く評論が素晴らしく、あらためて再読したくなった。

2021/04/14

感想・レビューをもっと見る