読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

新・漫画論―終わりの時代のはじまりのコミック

新・漫画論―終わりの時代のはじまりのコミック

新・漫画論―終わりの時代のはじまりのコミック

作家
島田一志
出版社
STUDIO CELLO
発売日
2007-06-01
ISBN
9784903082622
amazonで購入する

新・漫画論―終わりの時代のはじまりのコミック / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

akapon

2007年刊。新しい漫画表現への予兆を、D[di:]、タカノ綾、西島大介、五十嵐大介、衿沢世衣子、武富健治、帝国少年、の7人の漫画家についての考察やインタビューなどで探る。「漫画の大ヒット作というものは、えてして小説や映画のそれと違って内容が良いものが多い」という謎の主張が二箇所に登場するのは著者の漫画への思いがそれだけ深いということの反映なのだろう。

2016/06/01

感想・レビューをもっと見る