読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ぼくのしょうらいのゆめ

ぼくのしょうらいのゆめ

ぼくのしょうらいのゆめ

作家
市川準
内田裕也
大竹伸朗
関野 吉晴
祖父江慎
高橋悠治
田中泯
谷川俊太郎
野口 聡一
吉本隆明
和田誠
出版社
プチグラパブリッシング
発売日
2006-07-07
ISBN
9784903267333
amazonで購入する

ぼくのしょうらいのゆめ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゆりまなっとう

GWにグレートジャーニー展を見て関野吉晴さんを知って。この本にたどり着きまいた。関野さんは冒険をする為に医師という職業に就いたとおっしゃってます。グレートジャーニーはテレビでもやっていたそうで、そっちも気になる。そのほか宇宙飛行士の野口聡一さんなど、子供の頃どんな風に育って何から影響を受けてというような事が書いてあり。興味深かった。

2013/05/13

Sumiyuki

@(内田裕也)小さな頃から俺が一貫して変わっていないのは、ケンカで負けてもプライドに対するリベンジはきちんとやってきた@(田中泯)僕は何かを目指してダンサーになったわけではなく、目的があって踊ろうとも思いません。強いて言うならば「何かを目指すということすら忘れている自分」が一番好きなのかもしれません。@(吉本隆明)「社会的に貢献したい夢」、「いい家庭を作りたい夢」、「個人の夢」。その三つのうちどれか選ぶ、どこに重点を置くぐらいは考えた方がいいですよっていうことは言えそうな気がするんですよね。

2018/02/15

みみこ

まだまだ続きそうなのに続かないで終わる。夢を叶えている途中だと囁いているようでいい。

2019/02/12

びば

成功者が語る子供の頃の夢とは…。小さい頃からそればかりずっと目指していたわけではない。趣味で食べていこうとは考えもしなかった。全く離れていた時期もあった。一般に思い描かれている成功話のような子供の頃からひたむきに一つの夢を…というのではなく紆余曲折を経て今がある。共通してるのは情熱の火をどんなときでも消さないことのようだ。

2012/01/12

たぶんテナガザル

スラスラ読んでしまった。各人の子どもの頃に影響したことや現在への辿り着き方が興味深い。夢を叶えるために〇〇しろという内容でない、かつ、みんな現在進行形なのがとても良い。

2020/08/16

感想・レビューをもっと見る