読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

コミックいわてぃー

コミックいわてぃー

コミックいわてぃー

作家
青木俊直
朝陽昇
飛鳥あると
江川大輔
大野将磨
小田ひで次
そのだつくし
空木由子
高尾じんぐ
竹谷州史
田中美菜子
とりのなん子
ナリタカ
出版社
銀杏社
発売日
2016-03-25
ISBN
9784903602219
amazonで購入する

コミックいわてぃー / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ざるめ

岩手県へ行って見つけたら購入している「コミックいわて」も、もう5冊目!しかもこの時点で7冊目も出ている事を知ったw(゜o゜)w5冊目は2016年発行なので、岩手国体の話がたくさん♪空木由子さんの「釜じいちゃん」が泣けた(´_`。)゙

2018/05/06

よし

岩手ゆかりの漫画家の皆さんによるアンソロジーコミック第5弾。小田ひで次さんの「アギョンとウンギョ」は安定したストーリーでしたし、高尾じんぐさんの「くーねるまるた」の取材風景も楽しく読めました。今年開催される「いわて国体」にひっかけたものが5話あってところもうれしかったです。

2016/03/27

国体のマスコットは強引だけど愛嬌がある(着ぐるみとか作ったんだろうか)。多く扱うのは版元である県に阿っているのか、震災復興の象徴としてけっぱらねば!なのか、ちょっと分からなかった。続けていくことの意義はあるので、緩やかに滑空していってくれれば・・

2017/08/28

なお

わんこ兄弟が出てくる話と、南部鉄器のお話がとてもよかった。南部鉄器の話は感動ものでした。

2017/02/27

はるかかなた

とりのさん目当て&県産民としての愛着で購入。テーマが大きすぎるのか、散漫な印象。とりのさんのなまりの解説は、沿岸出身者としては、『内陸の人なんだな~』と思いました。岩手は県土が広いので、地域ごとにかなりなまりにも違いがあるので。

2016/05/06

感想・レビューをもっと見る