読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

白い病気/マクロプロスの秘密―カレル・チャペック戯曲集〈2〉

白い病気/マクロプロスの秘密―カレル・チャペック戯曲集〈2〉

白い病気/マクロプロスの秘密―カレル・チャペック戯曲集〈2〉

作家
Karel 〓apek
カレル・チャペック
栗栖 茜
出版社
海山社
発売日
2020-08-01
ISBN
9784904153147
amazonで購入する

白い病気/マクロプロスの秘密―カレル・チャペック戯曲集〈2〉 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

NAO

カレル・チャペックのなんとも風刺的な二つの戯曲。「白い病気」自分が出世し権力を得るための手段として戦争を引き起こし、平和を忌み嫌う利己的な権力者たちと、彼らと立ち向かうガレーン医師の孤独な戦い。それがテーマなのだが、白い病気をめぐっての様々な人間模様がなんともリアル。未知で不治の病気に対する人々の恐怖、その病気をめぐって垣間見えるエゴなど、現在の状況に照らし合わせるとなんともいえない気持ちになる。「マクロプロスの秘密」は、長寿薬の話。いくら長生きしても、死からは逃れられない。

2020/12/03

くさてる

カレル・チャペックの二つの戯曲が収録されています。パンデミックを扱った「白い病気」の迫力は認めつつ、私が面白かったのは、「マクロプロㇲの秘密」のほう。百年も続く相続争いに介入するオペラのプリマ歌手。謎めいた魅力を持つ彼女の狙いは何か……というコメディなのですが、そのテーマは真剣なもの。でもそれを軽やかに描いていて楽しめました。

2020/12/02

ばんぶー

 二つの戯曲、ふたつとも面白いですが、特に「白い病気」は、正体不明の死に至る病のパンデミックを題材にしています。カミュの「ペスト」とも異なり、病気の治療法を発見した医師が、その知識を武器にして社会を変えようとするのですが、読む人は多分、そこで倫理とか、権力とか、政治とは何か?について悩むと思います。そしてその悩みは、現代の日本でも切実な問題として存在していることに気づきます。  この作品が、1937年つまり太平洋戦争の直前に書かれたものなのに、それが今の日本において身につまされて感じます。

2020/11/03

げんさん

1937年の作品とは思えない。コロナ禍に読むべき

2021/01/19

感想・レビューをもっと見る