読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

余白の声 文学・サルトル・在日 鈴木道彦講演集

余白の声 文学・サルトル・在日 鈴木道彦講演集

余白の声 文学・サルトル・在日 鈴木道彦講演集

作家
鈴木道彦
出版社
閏月社
発売日
2018-03-10
ISBN
9784904194058
amazonで購入する

余白の声 文学・サルトル・在日 鈴木道彦講演集 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

文狸

講演に通底するテーマはサルトルの「世界内存在」「独自的普遍」であるが、「普遍的なものと独自的なものとのあいだの緊張」というのはエスノグラフィーにも通じる問題で、非常におもしろく読んだ。それから、一個の独自の存在であることと(逃れ難く)民族の一員であることという両義性から在日の問題を説いていくのだが、それはまた別の「自由意志と責任」という伝統的な哲学的課題を想起させ、これらがこう繋がるのかという明晰さに感動を覚えた。文芸批評というあまり明るくない入り口から、自分の頭の中の種々の問題系に接続されていく感覚。

2020/09/02

ishii.mg

齢九十に近い著者の近年の講演録。人生の余白にあたってもなお言い続けるべきことはたくさんあり「体制順応主義のはびこるこの国では容易に人びとの同意が得られないことは十分承知のうえで」言い続ける著者に同意する。全く未読のサルトル、いつか読むリストに加えよう。本職はいわば地道なフランス文学研究者だけれど社会へのコミット(アンガージュマン)する知識人としてアルジェリア支援、在日支援様々な活躍をした人。その原点は師渡辺一夫との邂逅であり、パリ国立図書館に通い詰めた文学研究にあったのだろう。本人は知らず幸せな人生だ。

2019/12/08

著者:鈴木道彦 2018年2月28日初版第1刷印刷 2018年3月10日初版第1刷発行 発行者:德宮峻 発行所:株式会社閏月社 造本:李舟行

2019/07/04

感想・レビューをもっと見る