読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

大人アイドル~プロフェッショナルとしてのV6論

大人アイドル~プロフェッショナルとしてのV6論

大人アイドル~プロフェッショナルとしてのV6論

作家
相沢 直
磯部涼
小倉広
切通理作
戸部田 誠(てれびのスキマ)
トミヤマユキコ
西森 路代
前田 愛実
矢野利裕
出版社
サイゾー
発売日
2016-01-26
ISBN
9784904209912
amazonで購入する Kindle版を購入する

大人アイドル~プロフェッショナルとしてのV6論 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しいたけ

専門家、ライター、批評家たちがV6の音楽、ダンス、番組、人物像など各ジャンルから分析している。さすが専門家はオタッキーで目の付け所が面白い。「セクバニコン」で「Supernova」の間奏の踊りで岡田がえらく良いのはペアで支える井ノ原がよいからとか、その井ノ原の途中でする息継ぎが大きいとか、ダンス技術評の他にもこんなところまで⁈という線をつく。アルバム批評は専門用語が私にはさっぱりわからないが「kEEP oN」はべた褒め。坂本君におけるリーダー論も良かった。年表に交際報道が入っていて事務所的にはNGだろう。

2016/02/07

YUMINSU

音楽・ダンス・テレビ・メンバー、様々な切り口で批評されるV6論。大分偏ってる感じも含めて面白く読みました。とりあえずまたライブのBlu-ray観よ♪

2016/03/13

ほなみ

楽曲評:ファンではないプロの方々の音楽的知見に基づいたアルバム評や事実を淡々と述べた出演作品評がぎっしりなので、面白い!嬉しい!とはあまり感じなかったな。/ダンス評:そうそう、こんなのが読みたかった。ファンに嬉しい仕様です。/メンバー評:関係性の見解が良い。個人では坂本くん(その発言を引用するか!)と健くん(最期の一文にぐっときた)が◎、もうちょっと掘り下げてほしかったのは長野くん(本人評というよりティガ評、語り手が映画評論家だからかもしれないけれど)。/素敵な20周年おめでとうありがとうでした*゜

2016/01/31

高野

デビュー20周年だそうです。たまにテレビで見かける位の興味であっても、20年見ていれば聞き覚えがある曲も多く、メンバーの人となりも何となく分かりますが、「この人達をもう少し知りたいな」と思って購入。 コラム・年表(+ミニエピソード)が半分、専門的な音楽論が半分の構成で、音楽論の方は「???」でした。 「グループにちょっと興味がある」程度のライトな層にはあまり向かないかも。

2016/02/25

りもこ

音楽性などの専門的な用語はよくわからないので読んでいて「…?」ということもあったが、ジャンルは何にせよ、自分の好きなグループ、メンバーの評価が高いと無条件に嬉しい。ジャニーズの中では控え目なグループで、周りのジャニーズ好きな友人にも同志はなかなかいないのだけれど、私はV6ファンで良かった、と思える本。

2016/01/31

感想・レビューをもっと見る