読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

こんにちは

こんにちは

こんにちは

作家
谷川俊太郎
川島小鳥
出版社
ナナロク社
発売日
2018-01-28
ISBN
9784904292792
amazonで購入する

「こんにちは」のおすすめレビュー

『こんにちは』詩人・谷川俊太郎が書いた。撮られた。詠んだ。答えた。ちいさな本とは?

『こんにちは』(谷川俊太郎/ナナロク社)

 日本人で谷川俊太郎という偉大な詩人を知らない人はいないだろう。国語の教科書や童謡や絵本など、私たちの身近な日常に谷川氏の作品は寄り添っている。

 『こんにちは』(谷川俊太郎/ナナロク社)は、代表作から初公開の詩や短歌まで網羅され、赤、黄、緑と本の表紙の色が3種類あり、どの色にするか購入するときに選ぶのも楽しみだ。

 美しい装丁で評判の「ナナロク社」が手がけているので、全体の一部分だけ水色の紙となっていたり、展覧会のリーフレットなどが本の間に挟まれていたりと、谷川氏の世界観をより濃密に体験できる仕掛けがほどこされている。凝ったデザインや紙質へのこだわりに、ページをめくるのが楽しく、本棚にいつまでも置いておきたくなる。

 谷川氏の公式ホームページ「谷川俊太郎.com」のために撮影した写真と本書のための撮り下ろしの写真が使用されており、新世代の写真家として活躍する川島小鳥さんが、6年間にわたり公園や旅先で谷川氏を切り取っている。

 顔にはその人の人生が出るというが、谷川氏の表情は穏やかで優しく、飄々としていながらも好…

2018/4/11

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

こんにちは / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

みどり虫📖ƪ ( ˙Θ˙ )

谷川俊太郎展に行って以来、谷川さんのことがもっと好きになって、もうこれは恋なんじゃないかってくらい好きだ好きだと考えていて、本当は詩集も絵本も翻訳本も全部ほしくなっちゃって、でもそれはあまりに多くてちょっと無理だから、せめて展覧会での幸せな時間をずっとちゃんと覚えていたいとこれを買いました。これから何度もこれを開いて、いつかポカポカ陽気の昼下がりの縁側で、これを読みながらうたた寝のついでに永遠の眠りにつくのがいいわなどと、どうしようもないことも考えてます。谷川さん、今夜も、こんにちは。

2018/02/28

鱒子

図書館本。谷川さん、この方は なんて軽やかでカッコいいのだろう!そして、小山田圭吾さんとコラボのアートギャラリーとか、知らなかったです。もー、東京の人羨ましすぎます(ㆀ˘・з・˘) そして、小山田さんとは佐野洋子さんを通じて、プライベートで先に知り合っていたとか!ビックリ情報でした!(◎_◎;)

2018/04/02

ちえ

図書館本。表紙が三色選べるようですが、書影と同じレモン色でした。谷川さんの写真、俳句、詩、対談他、オモチャ箱みたいにつまっていてとても楽しい。佐野洋子さんの話がありワクワクでした。週末に学生時代の人達と札幌の谷川俊太郎さんの本やグッズのあるカフェにいく予定あり、タイムリーでした(^ー^)

2018/05/30

N

俳句、谷川さんの写真、詩、対談、質問コーナーなどが詰まった本。質問コーナーの皆さんの回答が面白かった。優しくて子供心も持ったおじいちゃんて感じがした。笑顔の写真が素敵でした。こんな歳の取り方をしたいなあって思いました。

2018/11/16

masako

写真だったり俳句だったり対談だったりと色々な表現がつまった一冊。中でも詩が良くて、好きな「朝のリレー」があったのも嬉しかった。3.3の質問での回答が面白い。谷川さんの言葉に、ほっと柔らかな気持ちになる。カバーの色が黄色、青色、赤色とあるのも楽しくて、赤色にした。

2019/03/18

感想・レビューをもっと見る