読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

喫茶店で松本隆さんから聞いたこと

喫茶店で松本隆さんから聞いたこと

喫茶店で松本隆さんから聞いたこと

作家
山下賢二
出版社
夏葉社
発売日
2021-07-01
ISBN
9784904816370
amazonで購入する

喫茶店で松本隆さんから聞いたこと / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

おおにし

松本隆が喫茶店で気楽に語ったことをまとめた本だが、なかなかの名言集だと思う。『愛とは何かなんてわからない。わからないからいっぱい何か書いてる。それはゲーテだってホメーロスだって同じ。』齢を取るとラブソングは書けなくなるというのはまちがい、『(恋を)きっとみんな、忘れてるだけだよ。忘れて上書きしちゃんだよ。劣化した何かを。』ラブソングの巨匠松本隆らしい言葉たち。

2021/10/11

kochi

松本隆が関西の喫茶店で語る、人生や詩作について。神戸で暮らしていることは、別のフリーマガジン『水道筋読本』で知っていたが、正直、あまり松本隆と言ってもピンとこなくて、松田聖子もあんまり知らんしなぁ、と読んでいて、「ガラスの林檎」「Sweet Memories」が出てくると、まるで、思い出起爆スイッチ^_^ だんだん思い出してくる。さすが、天下を取ったことのある人で、個性が強い人の自信に裏付けられた発言やエピソードは、イノダコーヒーさん他で、しんみりと聞くのが良いのかも。イノダのコーヒー飲みたいねぇ。

2021/07/22

Ayumu

松本隆と普通の生活の中で親しくなった著者が松本隆から直接聞いた話を本にしたもの。松本さんの強い思い、柔軟性、好奇心、優しさが溢れて伝わってきて、大袈裟かもしれないけれど、松本隆がいる世の中に生まれてきた幸運を感じました。伝説的で遠い存在なのに、いつか知り合って友達のように話してみたいと思わされる、なぜか。 薄くて簡単に読める本。初版はすぐに売り切れてしまったようで、重版を入手。これももうなくなりそうとのこと。手に入れられて良かったです。

2021/09/17

kentaro mori

●なんで自分は生きてるのかって説明できない。説明はできないけど、なんとなく知ることはできる。なんとなく知った人間には物語がある。そんなふうに思うの。

2021/08/03

Maaa

松本隆さんの言葉は、論理的に相手を言い負かすような強すぎる言葉ではなく、ご自身の経験から考える真理を柔らかく伝えている言葉だと感じます。 若い頃の熱意や努力に関しても書かれていて、はっぴいえんどファンとしても楽しめたし、人生の先輩の言葉としても深く頷けるものがありました。

2021/08/08

感想・レビューをもっと見る