読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

昭和 写真家が捉えた時代の一瞬

昭和  写真家が捉えた時代の一瞬

昭和 写真家が捉えた時代の一瞬

作家
木村 伊兵衛
入江泰吉
田沼 武能
熊切 圭介
土門拳
浅野 喜市
濱谷浩
緑川 洋一
林 忠彦
薗部 澄
芳賀 日出男
長野 重一
出版社
クレヴィス
発売日
2013-10-10
ISBN
9784904845325
amazonで購入する

昭和 写真家が捉えた時代の一瞬 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Admiral2009

※同じように学び、同じように暴れ、同じように働き、同じように老いた。人と違うことを嫌悪した“団塊の世代の歴史”。

2015/08/19

勝浩1958

先ずはこの表紙の写真の少年の飴を細工している指先を睨み付ける表情が切ない。きっと買いたくてもお金が無いから買えないのだ。戦前の写真ではP28「横須賀海兵団の横隊行進」に圧倒される。昭和16年とある。写っている学生の何人が生き残ったのだろうか。敗戦から占領時代の写真ではP42、P43の戦災孤児の姿。この写真は他の写真集がでもお馴染みのもの。少年たちは垢で薄汚れ、みんな裸足だ。それにしてもなんと美味そうに煙草を喫むことか。復興への記録では都会もさることながら地方の街並みが強烈に郷愁を誘う。私は昭和が好きだ。

2013/12/07

kumonosuke

凄くいい。魚屋の子供が様になっている。発展途上の国は子供の表情にも力がある。

2014/05/01

TAGO

▶最初のページは昭和12年 戦前の丸の内オフィス街にカンカン帽を被ったスーツ姿の粋な伊達男 ▶最後のページは昭和45年 大阪万博の太陽の塔 昭和10年頃から45年までの日本で暮らす人たちの『生』がとても伝わってくるモノクロ写真集。 『個』より『集団』の写真が多く見られる。  時に圧倒されるほどの『群衆』だったり。 農村での写真はまるでおしんの世界。 後半は建設ラッシュそして大気や水質汚染を写し出した写真。 読み進めるうちに時代が重なる『意地悪ばあさん』とリンクさせながら見てました。

2019/05/18

感想・レビューをもっと見る