読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

一日がしあわせになる朝ごはん

一日がしあわせになる朝ごはん

一日がしあわせになる朝ごはん

作家
小田真規子
大野正人
出版社
文響社
発売日
2015-10-07
ISBN
9784905073192
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

夜、寝る前に読むと、明日が来るのが楽しみになる朝ごはんの本!

「朝起きるのがツラい……」
そんな、憂鬱な朝を、一瞬で晴らす本ができました。

「太陽の目玉焼き」
「朝パフェ」
「一晩寝かせたサンドイッチ」
「巻かないだし巻き卵」
「いい音サラダ」
など、ほとんど5分以下で作れるのに、ひと工夫あるおいしいアイデアが満載。
朝起きたら、ふとんから飛び出したくなる、
フェスティバル級に楽しい朝ごはんの本です。

一日がしあわせになる朝ごはん / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

itoko♪

【朝起きるのが楽しみになる朝ごはんを作ろう!】特に億劫で、ワンパターンに陥りがちな朝食の仕度。夜寝る前にこの本を読めば朝起きるのが楽しみになる!?はい、確かに!栄養バランスにダイエット…これを食べなきゃ、という朝食の概念がガラガラと崩れました(笑)写真もポップで、読み物としてもかなり楽しい!これは絶対買います!朝ごはん作りに悩む方にオススメします。

2015/12/03

ちょろこ

これなら朝からワクワクでしょう、の一冊。目からウロコの数々の朝食メニュー。朝だから何を食べてもいい…そう、気になる甘いものだって朝だから食べちゃってもいいんです…なんて言われたら、前の晩からワクワクしちゃう。朝パフェ、マシュマロチョコトースト…たまりません。ズボラーさんのつぶやきがこれまたいい感じで肩の力を抜いてくれる。朝だから何でもあり、もっと気楽に…救われる言葉とメニューにこれは購入決定!

2016/01/05

ぶんこ

普通の簡単な朝食が紹介されていて、私向きではないかなと思いつつ読み進めると、春巻きの皮のラップサンドが出てきました。簡単で美味しそうなのでチャレンジしたい。またベーグルは苦手でしたが、油・卵・牛乳を使っていないパンだったとは。パン好きですがカロリーが高くて控えていました。これなら大丈夫なのでしょうか。とても役立ったとは言えませんが、所々に描かれているイラストが可愛くて楽しめました。

2018/04/20

おかだ@低空飛行中

卵料理・パンのトッピング・白ごはんのトッピングなど、バリエーションを充実させるにはピッタリの本。レシピは少ないけど写真でわかりやすくなっている。1番重宝しそうなのは、味噌汁の具材カレンダー。マンネリ化しやすい味噌汁だけど、作るのが楽しくなるわ~。シリアルのポテンシャルにも注目したいところ。

2019/01/25

Moemi

ずっと気になっていた本。図書館で借りてようやく読めました。この本は「朝ごはんなんだからこんなものは食べちゃダメ!」とか「こんなのを食べては栄養バランスがイマイチ」とかそういう自分の中の概念を一転させてくれます。ご飯もパンも卵もバリエーションが豊富でとにかく美味しそう。春巻きの皮ラップサンドは絶対試してみたいです。でも朝パフェに挑戦するにはちょっと勇気がいるかな…?

2016/11/06

感想・レビューをもっと見る