読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

作家
山崎元
大橋弘祐
出版社
文響社
発売日
2015-11-11
ISBN
9784905073246
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

お金を増やしたい!
でも、難しいことはわからないし、投資をするのってなんだか怖い。

そんな「お金のド素人」が、東大卒、外資系証券や保険など金融12社を渡り歩いた「お金のプロ」山崎元氏に、なるべく安全なお金の増やし方を聞いてきました。
金融の知識は一切不要!
「銀行には近づいてはいけない」
「覚える金融商品は3つだけ」
「素人でも「年間+5%」の運用を目指せる」など、
誰でもできて、なるべく安全なお金の増やし方がわかります!

「難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!」の関連記事

「宝くじ」は絶対に買わないほうがいい!? 東大卒、金融12社を渡り歩いた経済評論家の「確実に金を増やす方法」とは?

『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』(山崎元、大橋弘祐:著/文響社)

 恥ずかしながら、私はもう働きたくない。楽して金を手に入れて生きていきたいのだ。そしてもう1つ。私は金にうとい。20代半ばという年齢のせいもあるかもしれないが、社会の金の流れの知識など皆無に等しい。「社会人失格」というハンコがあれば、甘んじて両手で受け止めたい。そんな私にとって『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』(山崎元、大橋弘祐:著/文響社)は、まるで打ち出の小槌のような一冊だ。「もう働かなくてすむぞ!!!」。私は本書を掲げて絶叫し、その後むさぼるように読み漁った。

 本書は、お金にド素人の大橋弘祐氏が、東大卒で金融12社を渡り歩いた山崎元氏と、対談形式でお金の増やし方を学んでいく。一言で感想を述べると、読みやすい。何より分かりやすい。アホの私でも理解できた。ただ、今後も私は働かなくてはならないことも理解できた。やはりノーリスクハイリターンはこの世にないのだ。しかし、ローリスクローリターン、つまり確実に金を増やす方法はある…

2016/10/4

全文を読む

関連記事をもっと見る

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください! / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

徒花

KUにてやっぱり文響社の本は徹底的に読者の立場に立って本を作っているので素晴らしい出来栄え。お金の本なのに適度なユーモアをまぶし、それが全然邪魔にならない絶妙なバランス感覚と、あとがきにあるように、徹底的に取捨選択されたコンテンツで、極力難しいことを排除し、ド素人でも理解できる範囲に内容とどめていて、思わず資産運用をしたくなる内容になっている。これは本当に著者が「お金のことをまったくわかっていない状態で聞いた」ことを整理して書いたリアルに裏付けられたことからかもしれない。あと、タイトルが直球ながらうまい。

2016/08/23

mitei

サクッとお金についての勉強が出来た。まぁ私も国債、インディペンデント、確定拠出年金を活用していきたいな。

2016/10/13

Fastship

確定拠出型年金とか一時期話題になってたけど、そういう仕組みなのか!と納得。保険やいくつかのものについては眉唾物だけど、一つの考えとしてはありなのかも。

2017/04/24

mincharos

分かりやすかった~。がしかし、住宅ローンがまだたんまり残ってるうちは、資金運用よりも先にローンの繰上げ返済からやった方がいい模様。私のへそくりだけでも資金運用トライしてみよう!と思った。確かに銀行や保険屋さんは信用しちゃだめだよね。「真剣に何かをお勧めしてくる人は自分が儲かるから」ってのに納得。結婚に関する考えのところも笑った~。結婚するなら収入の多い女性と!だって。一番大事なのは自分のスキルを磨いて稼ぐ力をつけること。私も一生働いていきたいし、老後は何して働こうかな~とワクワク。

2017/12/07

Yuki

お金を稼ぎ始めたばかりの新社会人の方やコツコツとお金を貯めたい方は必読です。お金は銀行だけに預けるのではなく、投資信託や変動10年型の個人向け国債に割り当てて「お金にも働いてもらう」という考え方は個人的に大変新鮮でした。投資を学びたければ、少額(1万円程度)で構わないので実際にお金を運用した方がよいと著者は主張しており、お金の運用には経済情報にアンテナがはられるメリットもあると述べています。投資や資産運用という言葉に抵抗がある方にとっても、身近な経済入門書として本書を一読する価値はあると思います。

2017/05/14

感想・レビューをもっと見る