読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ウルトラマンと戦後サブカルチャーの風景

ウルトラマンと戦後サブカルチャーの風景

ウルトラマンと戦後サブカルチャーの風景

作家
福嶋亮大
出版社
PLANETS/第二次惑星開発委員会
発売日
2018-12-17
ISBN
9784905325123
amazonで購入する

ウルトラマンと戦後サブカルチャーの風景 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ころこ

今上天皇が「平成に戦争は無かった」と述べられた時代が終わろうとしているときに、実はサブカルは、歪んだ形で好戦的で暴力的なイメージを増殖させてきた。その歪みは「敵」の表象として論じることができ、その「敵」の着眼点こそ日米の勝敗の分かれ目であったように、我が国の克服すべき問題である。本書は以上のように要約できます。他方で、それがなぜウルトラマンにだけ代理されているのかに必然性は感じられません。読んでいて常に頭の片隅にあったのは加藤典洋のゴジラ論でした。そぎ落としたものの微かに残った武器で論を張っていく加藤に対

2018/12/30

Hiroo Shimoda

「ウルトラマンと」とあるがそこまでフォーカスされた印象は無く、特撮全般に広く触れたサブカル論。当たり前だが戦後は戦中と地続きであることが特撮を通して明示される。

2019/03/23

レフラー

小学生の夏休み、プールから帰ってきて、普段からは想像できない静かな家の中でウルトラマンシリーズの再放送を見ていた記憶がよみがえってくる。 筆者と同年(1981年)生まれのぼくは、あとがきにあったウルトラマンの「奇妙さ」という言葉に強く共感する。それは、高度経済成長期を過ごした父世代の思考に感じる「奇妙さ」とも符合するものだからだ。 筆者はこのウルトラマンの奇妙さを、円谷プロ創設者で日本の特撮技術のパイオニア円谷英二の来歴とその周囲の人々の言説を辿りながら紐解いていく。

2018/12/30

感想・レビューをもっと見る