読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

人類を前に進めたい チームラボと境界のない世界

人類を前に進めたい チームラボと境界のない世界

人類を前に進めたい チームラボと境界のない世界

作家
猪子寿之
宇野常寛
出版社
PLANETS/第二次惑星開発委員会
発売日
2019-11-21
ISBN
9784905325147
amazonで購入する

人類を前に進めたい チームラボと境界のない世界 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

だいすけ

超難しそうなんだけど、カツオとナカジマが超面白そうな話をしてる。途方もない会話から生まれた一冊。ブログに感想を書きました。

2020/05/11

Hiroo Shimoda

本を読みながらお台場に向かい、現地で没入して、帰りに続きを読む。ただ美しさに見惚れるだけでなく、時間や空間の連続性を感じる意識が持て、鑑賞が更に深められた感覚。自然と一体化した作品も観たくなる。

2020/02/25

しみそー

面白かった。■だが、欲を言えば(教えてくれるわけ無いのだが)超主観空間を作る論理構造が具体的にどんなものなのかが知りたかった……。論文とかないだろうか……。

2020/01/25

TA

初めてチームラボの展示に行ったのは、2017年にヒカリエで開催された「チームラボ ジャングル」。その後は常設展がスタートしたりして、自分も何回か足を運んでいる。展示では自分が作品に影響を与えている実感や、その楽しさを毎回味わっている。この本を読んで良かったと思うのは、何よりも猪子さんが何故こういった活動をしているのかを知ることができたこと。技術的な話は難しくて分からなかったけれど、これからもチームラボの空間に身を任せて、シンプルに楽しみたいな、と思う。今生きている世界や、周りの人に寛容になれるように。

2019/12/31

山口 公大

ものとものの境界、ものと人の境界、人と人の境界をアートで溶かしていく。そういった変化がわかる本。 詳細は下記。 https://note.com/t06901ky/n/ne8b0f90d50c6

2020/03/30

感想・レビューをもっと見る