読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

橋爪大三郎のマルクス講義 (飢餓陣営叢書)

橋爪大三郎のマルクス講義 (飢餓陣営叢書)

橋爪大三郎のマルクス講義 (飢餓陣営叢書)

作家
橋爪大三郎
出版社
言視舎
発売日
2014-01-31
ISBN
9784905369790
amazonで購入する

橋爪大三郎のマルクス講義 (飢餓陣営叢書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ころこ

前に読んだ橋爪と中田考の著作が見事だったので、本書を手に取りました。有効性を失ったマルクス主義を現代に読み替えるのは、グローバル資本主義の行き詰まりを打開するヒントが隠されていると直観するからです。中田との議論は地球規模の課題をカリフ制が克服できるかというもので、変な議論でしたが非常に有意義でした。カリフ制をマルクス主義に置き換えると、本書の議論の土俵は出来上がります。しかし、インタビュアである佐藤という人物の論点の設定が現実に近すぎるというのが本書の失敗です。マルクス主義に倫理を読み込み、資本主義の欲望

2018/09/15

こばやし

インタビュー形式で展開されていきます。質問者がわりと読者に近いポジションで切り込んでくれるので比較的わかりやすい。何回も読んで頭にいれたいです。

2016/01/22

Ryo Suenaga

マルクスなんてと僕の頭じゃ到底理解できましぇん、と敬遠したくなるテーマでしたが、インタビュー形式だからとにかく読みやすいし、おもしろい。 ベストセラーとなった『ふしぎなキリスト教』の共著者でもある橋爪先生の例えがわかりやすいし、あの『資本論』をここまで現代の社会問題に例えがら読み解く内容は目からウロコ。

2014/03/26

amanon

二年前に一度読了していたのにも関わらず、登録する際になって初めてそのことに気づいた(笑)。それはともかくとして、『資本論』の言わば肝となる部分をかなり噛み砕いて解説しているので、初心者にもとっつきやすいと思われる。また、止まるところを知らないグローバリズムの中にあっても、マルクスの思想はまだまだ示唆に富むものであるということを改めて認識。ただ、マルクスが亡くなって百数年近くの月日が経ってもマルクスの仕事に匹敵するものが出てきていないという事実が重く感じられる。ただ、在日コリアンへの見解が頂けなかったけど。

2016/06/30

amanon

「マルクス主義とマルクスが言おうとしたかったことは違う…」これまで幾度となく言われてきたことが、本書でも繰り返されているというのは、一体どういうことだろう?ふとそんな気にさせられた。勿論、その歴史的経緯は、大雑把に把握してはいるが、なぜこうまで繰り返されねばならないのか?…とあえて今一度と問い返したい気持ちにかられるのである。マルクスの資本の分析は非常に天才的な希有なものであり、今でも読む価値はある。しかし、その理論を現代社会にそのまま当てはめるのは愚の骨頂である。しかし、その先にあるのは…?

2014/03/20

感想・レビューをもっと見る