読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

独白 2011年3月 「北の国から」ノーツ

独白 2011年3月 「北の国から」ノーツ

独白 2011年3月 「北の国から」ノーツ

作家
倉本聰
1981年の放送開始から30年。文明の奔流に流されてきたこの日本を突如襲った東日本大震災。その悲劇に揺れる2011年3月、脚本家・倉本聰が初めて語った『北の国から』の時代への予言。
出版社
フジテレビジョン
発売日
2011
ISBN
9784905415008
amazonで購入する

独白 2011年3月 「北の国から」ノーツ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

penguin-blue

「北の国から」を題材に富良野塾のOBライター向けに行った講義をまとめた一冊。気心の知れた、自身の心情や想い、そして富良野の自然の厳しさを共有している相手に向けてだからゆえの踏み込んだ、くだけた語り口で語られるエピソードは作品の細部への想いやドラマの背景を伝えて興味深い。私はリアルタイムではなく、ほとんどは後からビデオ(笑)で見直した口だけど、それでもだいぶ経っているのにシーンのほとんどを思い出せるのにびっくり。本人が望んだこととはいえ、岩城滉一のボクシング、リアルだったのか…大事にならなくてよかったね。

2018/10/30

きなた

「北の国から」巡りをしに富良野に行って買って来た本。倉本先生の目線を色々と知ることができ興味深く読みました。それからドラマの裏話もたくさん書いてあってとても面白かった。特にあの3本足のキツネを撮れた話にびっくり。子供の成長は早いから、そんなこともあるんですね。

2016/08/10

たな吉

五郎さんの「覚悟」は、そのまま倉本さんの「覚悟」でした。【扨】、【夫々】の【斗い】と【ン】「北の国から」は始まりの連続ドラマが一番好きです。

2014/10/22

ジュースの素

北の国からのドラマは全部見なかったので 本で読んだ。この本はあのドラマを書いた根っこの所の説明。 実際に北海道で出会った人々や事柄がほとんど そのベースになっている。 何度も涙した。 そうだったのかと思った事も多く、倉本氏の言いたかった事が更にはっきりした。

2014/11/06

ご〜ちゃん

「北の国から」をほとんど観たことは無いのだけど、それでも多くのエピソードやシナリオの背景が書かれているのを読むだけで楽しい。

2012/12/06

感想・レビューをもっと見る