読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

虚飾の経営者 稲盛和夫

虚飾の経営者 稲盛和夫

虚飾の経営者 稲盛和夫

作家
斎藤貴男
出版社
金曜日
発売日
2010-04-15
ISBN
9784906605668
amazonで購入する

虚飾の経営者 稲盛和夫 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ichiro-k

稲盛和夫に対して初めから異臭を感じていたのではなく、ブログにも書き込んだが、盛和塾所属?の企業が身近(M&A?)になってきた経緯からだ。現在の立場上(人事・総務)、洗脳もどきの理念や制度を半強制的に押し付けられた。先方の担当者の新興宗教信者のような「オドオドした眼つき」が印象的だ。以来、書店の「稲盛本」に異臭を感じる。ただし、丸呑みできないゴシップ本と紙一重。

2010/05/23

うめけろ

京セラの稲盛氏、アメーバ経営の京セラ、くらいしか知らなかったので読んでみましたが、稲盛氏を悪と決めつけるところから議論が展開されるのでついていけませんでした。これだけの成功を収めているのですから、双方向からの議論でないとアンフェアです。従ってこれを読んだからと言って稲盛氏を善とも悪とも言えず、逆に著者(特に対談相手の佐高氏)の品性を疑うような本に仕上がっている気がして否めません。

2012/04/27

伝書鳩

星1つ 稲盛和夫の書籍が読みたくて手にとったのですが、著者の稲盛和夫に対する批判する文章が個人的には読んでいてつらかったですね。稲盛和夫への批判が辛いのではなく、人に対する批判が強烈だったのが印象的な本でした。

2013/07/21

Taigo Ishikawa

「アメーバ経営」読んだので、今度は批判的な視点から。批判のための批判みたいな部分も多い本。ただ、当然ながら「売り上げの極大化、経費の極小化」だけでなくコンプライアンスは企業経営に必要だし、精神論に対しては拒否反応もあるだろう。

2014/02/23

Great Eagle

何か胡散臭いなとは思っていたが、同様に考えこきおろしている著書であった。斎藤貴男氏、結構激しいわ。

2011/04/19

感想・レビューをもっと見る