読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

昭和の東京 2 台東区 (加藤嶺夫写真全集)

昭和の東京 2 台東区 (加藤嶺夫写真全集)

昭和の東京 2 台東区 (加藤嶺夫写真全集)

作家
加藤 嶺夫
川本三郎
泉麻人
出版社
デコ
発売日
2013-05-15
ISBN
9784906905027
amazonで購入する

昭和の東京 2 台東区 (加藤嶺夫写真全集) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

じょんじょん

『昭和の東京 新宿区』に続いての『台東区』。生まれは文京、育ちは新宿(のちに豊島、練馬)な自分ですが、思いのほか台東区に想い出と惹かれるものがあります。子供の頃の上野動物園は究極のメモリアルランドだったし、浅草、根津、谷中と「THE 昭和」な街並みに郷愁がそそられます。小学校6年まで上野駅に蒸気機関車がいたなあとか想い出がよみがえります。街並みは変わっても、収録された写真の面影を残すところが、たくさんありそう。この本を片手に「昭和聖地めぐり」をするのもいいなと思います。ネオパンSSはなくなっちゃったけど。

2018/07/08

Bo-he-mian

昭和の東京の風景を収めた写真集シリーズ。貧しく、でもおおらかで猥雑なパワーが漲っていたあの時代が愛おしい人にはたまらん内容。第1巻の「新宿区」も素晴らしいが、本書「台東区」の下町情緒あふれる町並み、ヤミ市の面影が遺る商店街、心ざわつかせる看板の群れ、屋台の灯りの温もりや路面電車の軌道、路地裏やオンボロのアパートの数々も素晴らしい。雑踏のざわめきと調子っぱずれの鼻歌が聴こえてきそうな風景を、加藤嶺夫氏がフィルムに焼きつけ、川本三郎氏と泉麻人氏が昭和の思い出を交えながら解説。このシリーズはそろえたい(笑)。

2018/12/03

kumonosuke

昔の庶民の東京。

2014/05/09

uchi93

書影の帯ではないが「消えた街角」というの言葉がぴったり。

2014/05/02

sabamiso

これ持って散歩して見比べたい。

2013/10/19

感想・レビューをもっと見る