読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

コロナ禍日記 (生活考察叢書 1)

コロナ禍日記 (生活考察叢書 1)

コロナ禍日記 (生活考察叢書 1)

作家
植本一子
円城塔
王谷晶
大和田俊之
香山哲
木下美絵
楠本まき
栗原裕一郎
谷崎由依
田中誠一
辻本力
中岡祐介
ニコ・ニコルソン
西村彩
速水健朗
福永信
マヒトゥ・ザ・ピーポー
出版社
タバブックス
発売日
2020-08-13
ISBN
9784907053451
amazonで購入する Kindle版を購入する

コロナ禍日記 (生活考察叢書 1) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

とよぽん

2020年新型コロナウイルスが世界中に広がる、まさにその時、どんな日々を過ごしていたか。王谷 晶さんは食事記録のような感じで、「米を2合炊いて全部茶漬けで食う」日もあれば、締切りが迫って「食パンにマヨネーズ、水で流し込む」日、「ツナ納豆生卵めかぶキムチうどん食す」など。外食できないストレスが文面から伝わってくる。谷崎由依さんの「コロナの時代の育児」、ニコ・ニコルソンさんの「コロナ禍絵日記」、楠本まきさんの「UKロックダウン日記」などからも、個人的なことが政治と直結していることを痛感した。

2020/10/05

感想・レビューをもっと見る