読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

新プロパガンダ論 (ゲンロン叢書)

新プロパガンダ論 (ゲンロン叢書)

新プロパガンダ論 (ゲンロン叢書)

作家
辻田真佐憲
西田亮介
出版社
株式会社ゲンロン
発売日
2021-01-28
ISBN
9784907188405
amazonで購入する Kindle版を購入する

新プロパガンダ論 (ゲンロン叢書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ころこ

従来のプロパガンダ論は論者が審級になります。それではプロパガンダと認定された方の陣営はその論者の言説を聞かなくなるどころか、当該プロパガンダ論こそがプロパガンダだと批判することでしょう。ふたりの著者が論じたいのはその不毛な対立をなるべく解消して、どちらにも属さない多くの読者にリテラシーを高めてもらうことです。批評家の辻田はプロパガンダを「政治的な意図にもとづき、相手の思考や行動に、しばしば相手の意向を尊重せずに影響を与えようとする、組織的な活動である」と定義し、与野党問わずプロパガンダを積極的に例示します

2021/01/29

ちくわ

巧妙に張られるプロパガンダに対し、日頃からの批判精神はとても大切です。しかし批判精神に対する批判精神は更に大切かもしれません。あれも嘘これも誇張と、ただのマウンティング好きになり下がりかねないですからね。こういった冷静な議論にはすごく好感が持てます。(☆4)

2021/03/27

おっとー

第二次安倍長期政権下で現れた様々な国威発揚事案や不祥事、そしてそのアンチテーゼとしての反アベ運動…こうした右と左のゴタゴタを歴史的、社会学的見地を含めつつ冷静に検証する。右翼も左翼もSNSに張り付いて敵味方合戦を繰り広げ、問題となっている事柄をろくに検証もせず盛り上がった後は、次の非難対象へと乗り移る。あとに残るのは荒野のみ。本書はこうした空虚なイメージ合戦から距離を置き、あくまで知的な分析の姿勢を保つ。そして専門家が陥りがちな自分の領域に閉じ籠ることもせず、対話を通じて縦横無尽に話題を切り開いていく。

2021/02/13

jackbdc

考えるきっかけにはなったが腹落ちには至らず。政治的な情報戦略の意義を肯定し、現状のプロパガンダの影響力は危険視する程ではないと断じる一方で潜在的な危険性に備えよと述べる。理屈としては理解できるが重要性や実効性迄はイマイチ掴みきれず、残念。本論ではないが立ち位置の似た2人の間で情報の断絶が見られるというネタが随所に登場し、ネットバブルを象徴するかのようで面白かった。他印象に残った点、①同乗性:企業や国民がプロパガンダに相乗りするのはよくある事。②危険性:画像動画など直感的影響に対抗するのは理屈では難しそう。

2021/07/11

大爆笑カレー

安倍政権の振り返りをしつつ、この間に政権によってどのような情報戦略が取られたか俯瞰することができる。最近ではポリコレが蔓延り、左右の分断が激しくなったことで下手に政治について語ることが難しくなっているが、本書の対談者である辻田、西田もすべて意見が一致して対談が進んでいくわけではない。ある程度の緊張感を持ちながら意見が対立している他者とどのように意見を交わしていくかを実践として見せてくれている印象を持った。相手をリスペクトし、言葉を交わすことの当り前さを再認識する必要があると感じた。

2021/02/03

感想・レビューをもっと見る