読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

病と障害と、傍らにあった本。

病と障害と、傍らにあった本。

病と障害と、傍らにあった本。

作家
齋藤陽道
頭木弘樹
岩崎航
三角 みづ紀
田代 一倫
和島 香太郎
坂口恭平
鈴木大介
與那覇潤
森まゆみ
丸山 正樹
川口有美子
出版社
里山社
発売日
2020-10-25
ISBN
9784907497125
amazonで購入する

病と障害と、傍らにあった本。 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

アキ

人は病や障害と出会い、失われてはじめて知ることがある。体験した人にしか経験できない本の世界。12人の著者はみんな病と障害とで、本を知り、本が導き、本が読めなくなり、本と暮らしと、本を傍らに生きた。巻末に本書で取り上げられた本のリストが載る。どの本も生きることを再認識させてくれる。病や障害は、誰にいつ起こってもおかしくはない。そんな時に傍らに本はあった。おススメ本。

2021/05/11

五月病おじさん寺

この里山社は、いつもいい本を出している出版社のひとつである。今はこういういい出版社が他にもあったりして、そのおかげで良い本が増えている。本書もありそうで無かった企画の1冊。良いメンバーが集まっているとも思う。医療や福祉の本にも思えるが、立派な文芸書でもある。どれを読んでもそれぞれに辛い。しかし微笑ましかったのが頭木弘樹の文章。入院した大部屋でドストエフスキーを読んでいたら流行って、6人の患者全員がドストエフスキーを読んでいてナースがびっくりしていた話。吉田松陰が獄中で合牢者と学校を開いた話を連想した。

2020/11/07

gen

この出版社面白し。巻頭に掲げられた文章。【病や障害の名でひとくくりにできない、固有の症状や想い。誰かと分かち合うこともできず。そんなとき、傍らには、どんな本があったのか】。病や障害の渦中にいる人は、心身の辛さのみならず、その想いを、誰とも分かち合えない哀しみに、孤独に陥りがちになる。そんな時、外の世界と自分の内とをつなぐ「窓」となるような本は、あったのか――。12人の当事者、介護者による、本と病と障害と、生きることにまつわる書き下ろしエッセイ集。巻末に「本書に登場する本」の一覧あり。以下、それを紹介――⇒

2021/01/23

くさてる

それぞれに病や障害を抱えていたりその影響を受けていた12人が語る、その生活のそばにあった本についての一冊。それぞれ、抱える病や障害はそれぞれだ。本に対する態度も違う。その多様性がよけいに、人間が病と対する態度の広さ、複雑さを現しているように思う。良かったです。

2021/03/13

ドシル

入院した友人が絶賛していた本。 手話に携わる者として、斉藤陽道さんと丸山正樹さんは読みたいと思っていたのだけど、全ての皆さんどれも良かった。 良かったホントに。 ある日突然難病になってしまうとか、躁鬱病になるとか、家族の介護で大変になるとか誰にでも起こりうることだと思う。そんなみなさんの傍らにあった本。 一人ひとりに物語がある。 私も人生の折々に本に救われたと思っている。 そんなことを考えた本だった。また読みたい。繰り返し読みたい本。

2020/12/16

感想・レビューをもっと見る