読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

悲劇ヴラジーミル・マヤコフスキー (マヤコフスキー叢書)

悲劇ヴラジーミル・マヤコフスキー (マヤコフスキー叢書)

悲劇ヴラジーミル・マヤコフスキー (マヤコフスキー叢書)

作家
マヤコフスキー
平田俊子
小笠原 豊樹
出版社
土曜社
発売日
2014-07-20
ISBN
9784907511029
amazonで購入する Kindle版を購入する

悲劇ヴラジーミル・マヤコフスキー (マヤコフスキー叢書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

まさむ♪ね

これは戯曲風の詩か、はたまた詩風の戯曲なのか。《登場人物 ヴラジーミル・マヤコフスキー(詩人、二十~二十五歳) その女友達(身長四~六メートル、台詞なし) 乾いた黒猫の群れを連れている老人(齢、数千歳) 片目片足の男 片耳のない男 頭のない男 恐ろしく顔の長い男 二つのキスを持ち合わせた男 ごく平凡な青年 小涙の女 中涙の女 大涙の女 新聞売子たち、少年たち、少女たち、その他。》とにかく詩人はやりたい放題、わたしの理解をはるかに超えてくる、でもそれでも読まずにはいられない、詩人マヤコフスキーの強烈な魔力。

2015/12/20

A.T

戯曲形式で登場人物が順に、詩のようなセリフをつぶやいたり叫んだり。アヴァンギャルドを標榜しつつ、実は古典的なスタイルというところがいい。

2016/11/14

cockroach's garten

あとで書きます

2017/08/26

ムツモ

うーん何とも、情景を思い描くのが難しい。自分が分かっているのかどうかも分からなくなる。これが上演されたのを見た人はどう感じただろう?悲劇というけど、ラストには少し明るさを感じた。自分を肯定できるのって強い力だから。

2015/06/26

Y2K☮

「ズボンをはいた雲」よりも前に書かれた戯曲風の詩。「ズボンを~」が衝撃的だったので、これも読んでみた。カルピスの原液を一気飲みしたような気分になった。所々に「おっ?」というフレーズもあるけど、感性の赴くままに書き散らかした印象が強い。作品とは呼び難い。理解ある訳者のおかげでまだ読み易いが、おそらく原文はもっと凄まじいはず。だが不思議と癖になる。何度でも手に取りたくなる。岡本太郎によると、芸術とは「見る人の心に何かしら強烈なものを残す」ものらしい。確かに自分の中の何かが刺激されて、今も妙に頭が冴えてます。

2014/08/19

感想・レビューをもっと見る