読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

イオマンテ めぐるいのちの贈り物 (北の大地の物語)

イオマンテ めぐるいのちの贈り物 (北の大地の物語)

イオマンテ めぐるいのちの贈り物 (北の大地の物語)

作家
寮美千子
小林敏也
出版社
ロクリン社
発売日
2018-02-08
ISBN
9784907542566
amazonで購入する

ジャンル

イオマンテ めぐるいのちの贈り物 (北の大地の物語) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

♪みどりpiyopiyo♪

わたしは、生まれたばかりの熊のカムイだ。… ■雪解けを待つ熊の親子から始まる 厳かで暖かな絵本です。イオマンテとは、カムイ(神)の国からの客人であり賜物である熊の魂を、再びカムイの国へ送り返すアイヌの儀式。自然に対する感謝や畏敬の念が強く込められています。 ■この本、物語も版画風な絵もあとがきも素晴らしくて。命の繋がりを説きつつも説教臭さや嘘がなくて良かったです。小さい子には『ひまなこなべ』、大きい子には『ひまなこなべ』とこの本を薦めたいです☆ (2003年 パロル舎。2018年 加筆修正 ロクリン社)

2018/03/19

モリー

この本を読み、世界中の少数民族に伝わる神話や民話も読んでみたくなりました。

2019/03/23

ヒラP@ehon.gohon

神の国に魂を送るという儀式は、生き物の命を終わらせる事と同じことなのです。 飼い育てた子熊を神の国に送るという儀式の中で、命を奪うことと、それを食する行為が、自分には理解できない悲しみでした。 兄弟のようにして小熊と生活を共にした少年は、そのようなアイヌの文化を継承していくのですが、とても大きな試練だったような気がします。

2018/04/03

りょちみ

いのちは循環しているという考えのもと、カムイを敬い自然とともに生きるアイヌのお話です。一人称がアイヌの男の子になったり、キムンカムイ(山の神=熊)になったり、お互いの、イオマンテを迎える場面が悲しくて切ないです。アイヌの男の子もこのような経験を通して命の大切さを学びながら猟に出かけて大きくなる。自然と共存するための尊い儀式と生き方・考え方は現代の日本には完全に合うとは思わないけど、このような意識は常に持っていたいと思います。全ての命に感謝することはとても大事です。

2018/08/17

あおい

山神である熊から肉や毛皮を受け取りカムイの国に送る。命をいただき敬うイオマンテの儀式。残された子熊をカムイの国に送る儀式は読んでいて切なかった。神が恵んでくれる命に敬意を払うアイヌの教えに厳粛な気持ちになりました。

2018/06/17

感想・レビューをもっと見る