読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

イオマンテ めぐるいのちの贈り物 (北の大地の物語)

イオマンテ めぐるいのちの贈り物 (北の大地の物語)

イオマンテ めぐるいのちの贈り物 (北の大地の物語)

作家
寮美千子
小林敏也
出版社
ロクリン社
発売日
2018-02-08
ISBN
9784907542566
amazonで購入する

ジャンル

イオマンテ めぐるいのちの贈り物 (北の大地の物語) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

♪みどりpiyopiyo♪

わたしは、生まれたばかりの熊のカムイだ。… ■雪解けを待つ熊の親子から始まる 厳かで暖かな絵本です。イオマンテとは、カムイ(神)の国からの客人であり賜物である熊の魂を、再びカムイの国へ送り返すアイヌの儀式。自然に対する感謝や畏敬の念が強く込められています。 ■この本、物語も版画風な絵もあとがきも素晴らしくて。命の繋がりを説きつつも説教臭さや嘘がなくて良かったです。小さい子には『ひまなこなべ』、大きい子には『ひまなこなべ』とこの本を薦めたいです☆ (2003年 パロル舎。2018年 加筆修正 ロクリン社)

2018/03/19

とよぽん

熊は山の神様(キムンカムイ)。熊送りの儀礼イオマンテを題材にした物語。文は寮 美千子さん、画は宮澤賢治の絵本で知られる小林 敏也さん。文も絵も、アイヌ民族の生活や情感を巧みに表している。「いのちと魂との、おおきなめぐりのなかにいる。すべては、めぐるいのちのめぐみ。」終盤のメッセージが読者をあたたかく包み込む。アイヌ民族のふところの深さを感じた。

2019/12/13

モリー

この本を読み、世界中の少数民族に伝わる神話や民話も読んでみたくなりました。

2019/03/23

ruki5894

旅する絵本として回ってきた絵本。とてもしっかりとした内容と、画もとても良い。生きるために必要な分だけ、ありがたくいただく。めぐるいのち、紡いでいく。ゴールデンカムイでもイオマンテの事が細かく書かれていたので納得。また旅に出てもらいます。

2022/04/02

ヒラP@ehon.gohon

神の国に魂を送るという儀式は、生き物の命を終わらせる事と同じことなのです。 飼い育てた子熊を神の国に送るという儀式の中で、命を奪うことと、それを食する行為が、自分には理解できない悲しみでした。 兄弟のようにして小熊と生活を共にした少年は、そのようなアイヌの文化を継承していくのですが、とても大きな試練だったような気がします。

2018/04/03

感想・レビューをもっと見る