読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

いじめられたお姫さま 中将姫物語

いじめられたお姫さま 中将姫物語

いじめられたお姫さま 中将姫物語

作家
寮美千子
上村 恭子
出版社
ロクリン社
発売日
2018-05-09
ISBN
9784907542597
amazonで購入する

いじめられたお姫さま 中将姫物語 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヒラP@ehon.gohon

死ぬことがハッピーエンドだなんて、衝撃的な物語です。 生い立ちから数奇な運命を背負ってしまった中将姫は、実母を喪った後、継母の嫉妬のために不幸を抱えて生きることになりました。 展開は白雪姫にも近いものを感じますが、仏教を中心にして、発想はあくまで日本的な物語です。 なんだか甘さと切なさにジーンとしてしまいました。

2018/07/25

もも助

中将姫の物語は昭和の中頃までは誰もが知っていたと解説には書かれているものの、私は初めて知った。「當麻曼荼羅縁起」を語り継ぐうちに様々な話が加わったものとのこと。中将姫の信心の深さや、いじめられた継母の幸せさえも祈る優しさに心打たれる。阿弥陀様に導かれて姫が極楽に行ったように、やはり自分も生き方を見直し、いつかまた極楽で亡くなった両親に会いたいものだなあと思わされた。

2018/11/06

チタカアオイ

【図書館】

2018/09/11

感想・レビューをもっと見る