読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

おおかみのこがはしってきて (北の大地の物語)

おおかみのこがはしってきて (北の大地の物語)

おおかみのこがはしってきて (北の大地の物語)

作家
寮美千子
小林敏也
出版社
ロクリン社
発売日
2019-01-18
ISBN
9784907542665
amazonで購入する

ジャンル

おおかみのこがはしってきて (北の大地の物語) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヒラP@ehon.gohon

狼より偉いものは何? 氷で滑った狼の子を見て、お父さんと子どものやり取りが、不思議な展開を始めます。 狼より偉いのが狼だったらどうしようかと思っていたら、一番偉いのは土。 アイヌの哲学でしょうか? 納得というよりも、やり取りの展開を楽しみました。 氷でオチがつくのもユーモラスで好ましく思いました。

2019/05/11

みつばちい

末っ子に読んだ。アイヌの早口言葉をもとにした絵本。オオカミの子が氷の上で転ぶのは、氷の方が偉いから。でも氷はとける。それはお日様の方がえらいから、、とねずみの嫁入りのようにつながり、土が一番偉いとたどり着く。人も動物も植物も大地に育まれた、同じ根っこを持つ兄弟とのメッセージがよい。最後のユーモアにくすりとさせられた。

2019/06/07

Konane

北海道という広大な大地から生まれたアイヌのお話。 土から生まれた作物を食べ、土に癒される。

2019/06/05

感想・レビューをもっと見る