読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

おおかみのこがはしってきて (北の大地の物語)

おおかみのこがはしってきて (北の大地の物語)

おおかみのこがはしってきて (北の大地の物語)

作家
寮美千子
小林敏也
出版社
ロクリン社
発売日
2019-01-18
ISBN
9784907542665
amazonで購入する

ジャンル

おおかみのこがはしってきて (北の大地の物語) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

yumiha

『あふれでたのはやさしさだった』(寮美千子))で奈良少年刑務所の社会性涵養プログラムとして「絵本と詩の教室」に使った絵本と知った。アイヌの少年がお父さんに「どうして」「どうして」と問う。まるで哲学みたひ。お父さんははぐらかすことなく答えてゆく。アイヌ文化の神髄をうかがわせる絵本。

2020/01/27

とよぽん

ロクリン社2019年1月初版。アイヌ民族の早口言葉から創作されたお話で、大地の恵みを讃える深い自然観が伝わってくる。「ねっこは みえないけれど ほんとは みんな つちから うまれた きょうだいなんだ。」 

2019/12/17

ヒラP@ehon.gohon

狼より偉いものは何? 氷で滑った狼の子を見て、お父さんと子どものやり取りが、不思議な展開を始めます。 狼より偉いのが狼だったらどうしようかと思っていたら、一番偉いのは土。 アイヌの哲学でしょうか? 納得というよりも、やり取りの展開を楽しみました。 氷でオチがつくのもユーモラスで好ましく思いました。

2019/05/11

みつばちい

末っ子に読んだ。アイヌの早口言葉をもとにした絵本。オオカミの子が氷の上で転ぶのは、氷の方が偉いから。でも氷はとける。それはお日様の方がえらいから、、とねずみの嫁入りのようにつながり、土が一番偉いとたどり着く。人も動物も植物も大地に育まれた、同じ根っこを持つ兄弟とのメッセージがよい。最後のユーモアにくすりとさせられた。

2019/06/07

ひまわり

アイヌの人たちはみんな土から生まれてきたと思っていたのですね。子供はこういう繰り返しがすきなのだろうな。少年刑務所でこの本の劇をしたということから絵本も手に取ってみたけれど、子供のころにこうした本やそこからはじまる劇などの経験は想像力を鍛え、人の気持ちがわかるようになってくるのだろうなと感じた。

2019/12/27

感想・レビューをもっと見る