読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

学んで考えてしっかり身につく!実践型ビジネススクールに学ぶ問題解決思考トレーニングブック (ビジネス・ブレークスルー大学出版(NextPublishing))

学んで考えてしっかり身につく!実践型ビジネススクールに学ぶ問題解決思考トレーニングブック (ビジネス・ブレークスルー大学出版(NextPublishing))

学んで考えてしっかり身につく!実践型ビジネススクールに学ぶ問題解決思考トレーニングブック (ビジネス・ブレークスルー大学出版(NextPublishing))

作家
ビジネス・ブレークスルー大学総合研究所
大前研一
出版社
good.book
発売日
2016-12-29
ISBN
9784907554668
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

■他にない! 読者自身が実際の経営課題に挑戦することで問題解決思考力を身につけるトレーニングブック

本書はビジネス・ブレークスルー大学(以下BBT大学)の人気プログラムをもとに作成した、「問題解決思考をトレーニングするための課題集」です。BBT大学内で実際に使用しているケーススタディへ読者の皆様自身に挑戦していただき、回答を考え、書き込んでいただくという、実際に手を動かすことで学ぶ新しいスタイルの本になっています。

本書に収録した各ケーススタディでは「もしあなたが〇〇会社の最高責任者ならばどうするか?」という課題を提示しています。実際に世の中で問題となっている、まだ答えが出ていない「現在進行形の経営課題」に挑戦することでリアルタイムに考える力を養うことができるからです。
本書で扱うケーススタディに正解はありません。
ただ答えを読むだけでは得られない、自ら考えることで得られる学びを実感いただけます。

それぞれのケース解説はBBT大学学長大前研一が担当。
もちろん、読者の方の考えのほうが優れた施策である場合もあるでしょう。学友とディスカッションを重ねるように、大前研一の解説と議論してみてください。

問題解決思考力は実践の繰り返しによってのみ鍛えられます。
ぜひ12の経営課題に挑戦してください。


※本書収録のケース解説は既刊書籍『RealTimeOnlineCaseStudyシリーズ』Vol.17~Vol.22に収録したものを再収録しています。お買い求めの際はご注意ください。
【目次】

問題解決思考トレーニング入門
 問題解決思考の実践力―本書のトレーニングで得られること
 問題解決思考のプロセス
 本書を使ったトレーニング方法

Case No.1:あなたが「JTBの社長」ならばどうするか?
Case No.2:あなたが「日光市の市長」ならばどうするか?
Case No.3:あなたが「俺の株式会社社長」ならばどうするか?
Case No.4:あなたが「雪印メグミルク社長」ならばどうするか?
Case No.5:あなたが「マツダの社長」ならばどうするか?
Case No.6:あなたが「オープンハウス社長」ならばどうするか?
Case No.7:あなたが「VAIOの社長」ならばどうするか?
Case No.8:あなたが「エナリスの社長」ならばどうするか?
Case No.9:あなたが「DMM.comの会長」ならばどうするか?
Case No.10:あなたが「オートバックスセブンの社長」ならばどうするか?
Case No.11:あなたが「ナガセの社長」ならばどうするか?
Case No.12:あなたが「燦ホールディングスの社長」ならばどうするか?

巻末案内
 ビジネス・ブレークスルー大学
 RTOCS®提供プログラム