読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ヤング・アダルトU.S.A. (ポップカルチャーが描く「アメリカの思春期」)

ヤング・アダルトU.S.A. (ポップカルチャーが描く「アメリカの思春期」)

ヤング・アダルトU.S.A. (ポップカルチャーが描く「アメリカの思春期」)

作家
山崎まどか
長谷川町蔵
川原瑞丸
多屋 澄礼
藤田康平(Barber)
出版社
DU BOOKS
発売日
2015-08-06
ISBN
9784907583569
amazonで購入する

ヤング・アダルトU.S.A. (ポップカルチャーが描く「アメリカの思春期」) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

roco

細かい字と写真のすごい情報量の本で、私のツボにぴったりでした!!アメリカのYAの、映画、TVドラマ、小説、ヒット曲、アイドル、大学……について。モルモン教の人がエンタメ界に多いのは、演技やダンスに真剣に打ち込むティーンが多いため(アルコールとセックスは禁止されているから)。チャート番組に登場する歌手が普通に好きな民主党支持者、カントリーが大好きな共和党支持者。本当のプレッピーを描いているのはゴシップガールではなく、ギルモア・ガールズなどなど。たまりません!いつまでも二人の話を聞いていたいです。

2015/12/27

ヨータン

アメリカの青春映画、ドラマ、小説が大好きな人にはたまらない一冊。かなり詳しいし、マニアック。この本に掲載されている映画全部見たくなります。

2017/01/06

さとう

面白かった。2人が好きなものについてお喋りしてるのを聞くのは楽しい。入門編としては所々文字が小さすぎて読みづらかったけども。YAものには興味がなかったんだけど、これを読んでそのうち見てみようかなと。以下長谷川町蔵のインタビューのメモ”トゥイーン(10〜12歳の女児を指すマーケティング用語)番組にありがちな三大要素「容姿コンプレックス」「学内での人気取り」「異性への目覚め」というクリシェ。これらには「早く恋愛しろ」というメッセージが込められている。なぜなら恋愛と消費は深く結びついているから。”

2015/11/22

Y

音楽や映画には全く無知なので、文学作品でいうとアメリカで名作として読み継がれている作品にイノセンスを扱っているものが心なしか多いなぁと思っていたら、アメリカは永遠の思春期を生きる国なのだということが本作を通してよくわかった。アメリカに生まれていたら、どこの大学にも進学できる気がしない!勉強に加えて学生の内からこんなに何もかも積極的に生きていかなければならないなんて、大変だなぁと他人事ながら思った。アメリカの文化に関する知識が増えて飽き足りるどころか、むしろどんどんアメリカへの興味がぐっと広がった。

2015/10/13

みみのこと

こういう本が読みたかった!本当にたまらない一冊だし、非常にありがたい。SNL、日本で放送してくれんかな。英語が出来ないんでyoutubeで見るのはきついのよ…

2015/08/26

感想・レビューをもっと見る