読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

江戸の風

江戸の風

江戸の風

作家
立川談志
出版社
dZERO
発売日
2018-07-19
ISBN
9784907623258
amazonで購入する

江戸の風 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ひらちゃん

新しさを取り入れ若い世代に受け継いだ談志師匠。江戸の風が吹くとき、江戸ッ子の心にも風がさぁーっと吹き込むのだろうか。炸裂する談志節にあの声が重なる。懐かしい。粋だなぁ。

2018/10/13

姉勤

音源販売のためのコスパの悪いカタログ。宵越しというか来世越しの守銭に、江戸の風。残ったものの高コスパの利用率。

2020/02/14

Nazolove

やっと読了。 やれイリュージョンやら料簡やら江戸の風、と出てくる辺り段々と家元のファン?になりつつあるのかも…。 すいません正直まだまだ分かったようでいて分かれてないのかも知れないです家元(笑) 二席落語があるのでファンの皆さんおすすめ。(文章でも思わず笑えてしまう。) あといわゆる小咄といえば言葉遊び系を思ってしまうがこの中にあるようなジョークっていうのもあるんだなーなんて思った。(ふーんと言う感じで流してしまったけど) すごい破天荒な感じに見えてこれだけのこと考えてる人とは思わなかった。

2019/10/04

gtn

「江戸の風」とは、江戸の匂い、江戸っ子の了見、寄席の雰囲気が合わさったものという。その上で、一番江戸の風が吹いていたのは柳好と結論する。あとは、文楽、円蔵に少し。一方、江戸の風が吹いていないのは、小さん師、円楽、歌丸。江戸の風とは、江戸っ子だけが感じる粋、心地よさだろうか。だから不躾な関西のノリは不快の極致に違いない。

2018/09/29

やまねっと

談志の芸談は一般にもわかるように書かれているが、その本質を理解するには談志マニアになっても解らない。それは談志本人は言語を超えた曖昧なものを伝えるために喋るのだが、それも凡人な我々にも解らない。それはもはや談志の言うイリュージョンなのだと思う。江戸の風。江戸、上方という括りではなく、江戸時代という中での雰囲気というか落語ができた時を感じさせるのが江戸の風なのだというふうに解釈した。上級の談志ファンしか読まないと思うが、これが書籍として残ったことに関係各位に感謝したいと思う。

2018/10/28

感想・レビューをもっと見る