KADOKAWA Group

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

失われた「文学」を求めて【文芸時評編】

失われた「文学」を求めて【文芸時評編】

失われた「文学」を求めて【文芸時評編】

作家
仲俣暁生
出版社
つかだま書房
発売日
2020-10-06
ISBN
9784908624100
amazonで購入する

失われた「文学」を求めて【文芸時評編】 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

小谷野敦

私の『純文学とは何か』に触れて「筒井康隆のメタフィクションはヌーヴォー・ロマンのまねだとして切り捨てている」とあるんだが、私が書いたのは「一九八〇年代に「文学理論」が流行したが、当時からメタフィクションだのパロディだのパスティーシュだのといった用語を用いる批評はあり、SFやファンタジー風の純文学が、カート・ヴォネガットなどの影響で村上春樹が書いたりしていたが、今世紀に入ってから批評家にもSF系の大森望らが純文学の批評に参入してきて、いろいろ言ってはいるのだが、「前衛」的手法などと

2019/12/01

感想・レビューをもっと見る